NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルのWi-Fiスポットに用いられる機器を撮影してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加



携帯電話各社が展開している公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」「au Wi-Fi SPOT」「ソフトバンクWi-Fiスポット」に用いられている機器を見つけたので、さっそく撮影してみました。



まずは「ソフトバンクWi-Fiスポット」と「docomo Wi-Fi」用の機器。いずれも並んで設置されていました。


国内最多を誇る「ソフトバンクWi-Fiスポット」用機器。多くのモデルが1.5GHz帯を利用した下り最大42Mbpsの「ULTRA SPEED」回線をバックボーンとしています。


上部にはアンテナ


裏面


10万スポットを目指して敷設が進んでいる「docomo Wi-Fi」用機器。同社は光回線をバックボーンに利用することで、通信品質を維持しているとしていますが、こちらは他社同様、無線をバックボーンとして採用したモデルです。




そしてパソコンやタブレット端末など、2台目の機器も無料で使える「au Wi-Fi SPOT」用の機器はこんな感じ。バックボーンは下り最大40Mbps、上り最大15.4Mbpsの「モバイルWiMAX」を採用しています。



◆関連記事
Wi-Fiスポットの高品質化に限界、NTTドコモは「あくまで選択肢の1つ」という位置付けに | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクがWi-Fiスポットに関する取り組みを解説、アクセスポイントの干渉対策実施へ | BUZZAP!(バザップ!)

知られざる「au Wi-Fi SPOT」の優れた機能が判明、干渉対策や電波が届く仕組みも | BUZZAP!(バザップ!)

今さら聞けない「3G」「4G」「WiMAX」「LTE」「AXGP」「DC-HSDPA」「HSPA+」とは? | BUZZAP!(バザップ!)

UQ WiMAX・Xi・EMOBILE LTE・Softbank 4G徹底比較、本当に選ぶべきは「業界最速」ではない | BUZZAP!(バザップ!)

「ソフトバンクのプラチナ電波は建物を迂回するのでドコモやauより速い」という広告に孫正義氏が厳重注意 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加