ソフトバンクがWi-Fiスポットに関する取り組みを解説、アクセスポイントの干渉対策実施へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



2012年3月現在で25万スポットにものぼる、ソフトバンクモバイルの公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」について、同社が取り組みについての解説を行った資料の存在が明らかになりました。



(PDFファイル)
ソフトバンクのWi-Fi展開について
2012年5月11日
ソフトバンクモバイル株式会社


総務省の公式ページに掲載されたソフトバンクモバイルによる「ソフトバンクのWi-Fi展開について」と題された資料によると、屋内や屋外など、さまざまな観点でのWi-Fiに関する取り組みが解説されています。

まずはWi-Fiスポット設置の歩み。「BBモバイルポイント」に始まり、2010年4月にはスマートフォンユーザー向けに「ソフトバンクWi-Fiスポット」の展開がスタートしています。


ソフトバンクモバイルがWi-Fiの積極展開に至ったのは、2008年時点でのトラフィックの予測から。iPhoneやAndroidスマートフォンの普及で5年後には40倍まで膨れ上がるというものでした。


現在は公衆無線LANサービスが25万スポット、宅内向けのモバイル無線LANルーターが無償提供されています。


これにより日中は屋外、朝や夜は屋外でWi-Fiを使った3Gトラフィックのオフロード(負荷分散)を実施。


アクセスポイントとして用いる機器はロケーションに応じて使い分け。店舗用の小型機器から屋外用の高性能モデル、ローミング対応モデルなど、多岐に渡っています。


公衆無線LANサービスについての取り組み。設置にあたっては、オフロードが必要なエリアを選定。


その上で屋内、屋外Wi-Fiを使って整備するという仕組み。


これらの対策により、3GとWi-Fiのトラフィック比率が8:2となっています。


そしてソフトバンクモバイルのWi-Fiスポットについて、どうしても見逃せないのがアクセスポイントの干渉問題。過密な設置によってアクセスポイントの相互干渉が発生し、無線LANのパフォーマンス低下どころか接続しづらい状況にまで至るだけでなく、ソフトバンクモバイルユーザー以外にも被害が及ぶ……という事態が厳しく指摘されています。

拝啓ソフトバンク様今すぐ無用なWiFiAP設置を止め密集AP間引きをしてください敬具 | 無線にゃん

間違いなく、ローラー作戦を行った営業担当は無線の知識はゼロです。無線の技術的な知識がないだけでなく、ほんの数年前に一般に手に入るレベルの情報誌にも乗っていたような無線LANによる干渉の問題提起さえ目を通していないようなずぶの素人です。こういう人たちが、単に上から「とにかく数を稼げ」と命令されて片っ端からAPを置いている状況です。その結果が「圧倒的な24万AP」です。

そりゃね、ソフトバンクが、適していないかもしれないロケーションにアホみたいに携帯基地局を立てて「基地局数No.1」とか言ってその実、実際の品質はもちろん干渉で落ちている、なんていう状況なら、ソフトバンクユーザは宣伝のために品質落とされてかわいそうだな、っていう、対岸の火事で済んでいたんですけど、残念ながら、今のAP乱造だけは、そうじゃありません。みんなの共有帯域で運用されるWi-Fiを無計画にばらまいて莫大な干渉を日々増やし続けているんです。


そしてソフトバンクモバイルが新宿駅西口近辺の路上を調査したところ、812回検知された2.4GHz帯のSSIDのうち、79回がソフトバンクWi-Fiスポット、68回が他の携帯電話キャリアのスポット、そして665回が他のWi-Fi事業者や個人設置、Pocket Wi-Fiなどによるもので、今後より混雑の少ない5GHz帯の無線LANを導入する意向。


また、干渉の原因となるアクセスポイントの電波についても、電波をコントロールすることで最適なカバーエリアを実現するとのこと。つまり2.4GHz帯のアクセスポイントで起きている問題を5GHz帯にも持ち込まない……ということのようです。


続いては宅内無線LANについての取り組み。ソフトバンクモバイルは希望者にFON製とPLANEX製のWi-Fiルーターを無償提供しています。


これにより最大50%の3Gトラフィックを削減することに成功。


他にもイベント会場でWi-Fiスポットを設置するといった取り組みや……


バックパックにWi-Fiルーターとバッテリーを仕込んだ「Wi-Fi忍者」と呼ばれる部隊が投入されることも。


さらには東日本大震災時にスポットを無料開放した実績も挙げられています。


◆関連記事
知られざる「au Wi-Fi SPOT」の優れた機能が判明、干渉対策や電波が届く仕組みも | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが「SoftBank 4G」でWi-Fiスポット展開、プラチナバンドはコミケ対策に使用せず | BUZZAP!(バザップ!)

「ソフトバンクのプラチナ電波は建物を迂回するのでドコモやauより速い」という広告に孫正義氏が厳重注意 | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクモバイルは「通信の最適化」をすでに実施中、その内容は? | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加