ソフトバンクが「SoftBank 4G」でWi-Fiスポット展開、プラチナバンドはコミケ対策に使用せず



ソフトバンクモバイルが展開する公衆無線LANスポット「ソフトバンクWi-Fiスポット」のバックボーン回線に、高速通信サービス「SoftBank 4G」を利用することが明らかになりました。



Twitter / miyakawa11: @maki_wifi コミケ会場へのwifi導入につ ...


ソフトバンクモバイル取締役専務執行役員CTO(最高技術責任者)で、ウィルコムの管財人も務める宮川潤一氏のTwitterによると、8月10日(金)から開催される「コミックマーケット82」会場の電波対策として、「AXGP(SoftBank 4G)」をバックボーンとした「ソフトバンクWi-Fiスポット」を提供するそうです。

AXGPをバックボーンとした公衆無線LANスポットは固定回線が確保できない場所に設置される予定とされており、建物の中でもつながりやすい「プラチナバンド」と呼ばれる900MHz帯を利用した電波対策については、使用できる帯域が少ないため、コミケ会場での電波対策には利用しないとされています。

・関連記事
Softbank 4Gが月額3880円になる「4Gデータ通信バリューキャンペーン」が分かりづらい | BUZZAP!(バザップ!)

「ソフトバンクのプラチナ電波は建物を迂回するのでドコモやauより速い」という広告に孫正義氏が厳重注意 | BUZZAP!(バザップ!)

孫正義が表明したiPhone用の放射能測定デバイス、すでに「ポケットガイガー」として発売中 | BUZZAP!(バザップ!)

UQ WiMAX・Xi・EMOBILE LTE・Softbank 4G徹底比較、本当に選ぶべきは「業界最速」ではない | BUZZAP!(バザップ!)

放射線測定可能な「PANTONE 5 107SH」超速攻レビュー、シングルコアなのに爆速駆動で怒濤の8色展開 | BUZZAP!(バザップ!)

新規契約や機種変更でも割引がある「iPhoneかえトクキャンペーン」大幅延長決定 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング