孫正義が表明したiPhone用の放射能測定デバイス、すでに「ポケットガイガー」として発売中

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクの孫正義氏が「iPhone用の放射能測定デバイスあったらいいですね」というユーザーの意見に対して、「やりましょう」と表明しましたが、すでにiPhoneおよびAndroid用の放射能測定デバイスは販売されていることが明らかになりました。



RADIATION WATCH


ボランティアのエンジニア、科学者、デザイナーによる非営利プロジェクト「radiation-watch.org」の公式ページによると、安価で高性能なスマート放射線センサー「ポケットガイガー」シリーズが発売されています。

「ポケットガイガー」は現在3モデルが展開されており、簡易組立キットの「Type1」iPhone 3G/3GS/4/4S(iOS4.2以上)、iPad(第1~3世代)、iPod touch(第2~4世代)に対応しており、本体価格は1850円。

そして完成品の「Type2」「Type3」はiPhone 3GS/4/4S(iOS4.2以上)、iPad(第1~3世代)、iPod touch(第3世代32GB/64GBモデル、第4世代)に対応。また、「Type3」は3.5mmミニプラグのマイク入力があるAndroid 2.2以上のスマートフォンにも対応しており、いずれのモデルも本体価格は4250円です。


ポケットガイガーの性能比較。定期校正不要で安価な線量計を実現するために「PINフォトダイオード方式」を採用しているため、ガイガーミュラー管などを使った高価な線量計と比べると感度が低く、測定に時間がかかるとされています。


孫正義氏の「やりましょう」によって、どのような放射能測定デバイスが新たに登場することになるのかは分かりませんが、選択肢が増えるというのは悪くない話。また、このような製品がすでに実用化されていることについても、頭に入れておいて損は無さそうです。

・関連記事
放射線測定可能な「PANTONE 5 107SH」超速攻レビュー、シングルコアなのに爆速駆動で怒濤の8色展開 | BUZZAP!(バザップ!)

「ソフトバンクのプラチナ電波は建物を迂回するのでドコモやauより速い」という広告に孫正義氏が厳重注意 | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクと孫正義、東日本大震災での100億円を超える寄付先を公開 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加