2TBモデルのHDDが順調に値下がり、洪水前の水準に近づき始める

このエントリーをはてなブックマークに追加



2011年にタイで発生した大洪水でHDDメーカーの工場が浸水、世界的な品薄となった結果、HDD本体価格が高騰していましたが、ようやく洪水前の水準に近づいていることが明らかになりました。



価格.com - WESTERN DIGITAL WD20EARX [2TB SATA600] 価格比較

大手価格情報サイト「価格.com」によると、2012年8月4日5:00現在、WESTERN DIGITAL製の2TBモデルHDD「WD20EARX」が7480円で販売されています。

過去1年間の価格変動グラフはこんな感じ。一時期は洪水前(5200円台)の約3倍にあたる最大1万5500円にまで高騰していましたが、今年3月からじわじわと値下がり開始。時間をかけてだんだんと洪水前の水準に近づいているのが分かります。


ちなみに現時点で1GBあたりの単価が最も安い「一番お買い得なHDD」は同じWESTERN DIGITAL製の3TBモデル「WD30EZRX」で、価格は1万965円。なお、2TBを超えるモデルはパソコンによって対応していない場合があるため、利用に当たっては注意が必要です。

・関連記事
なんと「PS Vita」の3G対応モデルがWi-Fiモデルを下回る価格になったことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

2~3万円台にまで値下がりした激安液晶テレビから「本当のお買い得品」を探してみた | BUZZAP!(バザップ!)

極薄・安価・高性能、3拍子揃ったAcerのUltrabook「Aspire S3」を触り倒してみた | BUZZAP!(バザップ!)

高騰が続くHDD、今一番お買い得なのは3TBモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加