9月21日発売とされる「iPhone 5(仮)」、ディスプレイ製造難航で品薄の可能性も



9月12日に発表され、9月21日に発売……という情報が飛び交っているAppleの新型iPhone向けとみられるディスプレイについて、まもなくシャープが出荷を開始する予定であることが明らかになりました。

しかし製造がうまくいかず、iPhoneの出荷台数自体に影響する可能性もあるようです。



亀山第一工場の中小型液晶パネル、8月中に出荷始める=シャープ幹部 | テクノロジーニュース | Reuters

ロイター通信社の報道によると、シャープが亀山第一工場で製造している新型iPhone向けとみられる中小型液晶パネルについて、8月中に出荷を開始する予定であることが明かされたそうです。

これはシャープの藤本俊彦常務執行役員が大阪市内の記者会見でコメントしたもので、具体的な出荷時期については品質の見極めなどが必要であるとして、8月中と述べるにとどまっているとのこと。

Low yield rates of in-cell touch panels might disrupt new iPhone delivery schedule and shipments, say rumors

また、台湾のDIGITIMESが業界関係者のうわさとして報じた内容によると、新型iPhoneに採用される予定のインセル式ディスプレイ(薄型化やコスト削減などにつながる、タッチセンサーを液晶に統合したディスプレイ)はシャープとジャパンディスプレイ、LGディスプレイが製造中。

しかし各社とも歩留まり率(生産した数量の中での不良品の割合)が悪く、最も歩留まり率の良いジャパンディスプレイですら50%にとどまるほか、シャープも苦戦を強いられており、このままでは新型iPhoneの供給台数に影響が出かねないとされています。

つまり「品質の見極めなどが必要である」として出荷時期を明言していない理由は歩留まり率の悪さによるものだと考えられますが、各社とも歩留まり率が改善しない場合、新型iPhoneの発売日がずれ込むことや、発売時点での対象国が絞り込まれる可能性はあるのかが気になるところです。

・関連記事
「iPhone 5(仮)」は2012年秋発売でほぼ確定か、鍵となるのは「iOS 6」と「LTE」 | BUZZAP!(バザップ!)

法人ユーザーがソフトバンク版からKDDI版iPhoneへ移動、「つながりやすさ」が理由に | BUZZAP!(バザップ!)

ついに「iPhone 5」とみられる新型iPhoneの製造開始、関係者が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

Appleが「iOS 6」を正式発表、「Retina Display」搭載のMacBook Proも | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 【速報】Xiaomi「POCO F3」神値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング