極薄・安価・高性能、3拍子揃ったAcerのUltrabook「Aspire S3」を触り倒してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加



外でも手軽に本格インターネットを楽しめる端末として、タブレット端末が普及の兆しを見せている昨今ですが、やはりデスクに座ってオフィス文書の編集や長文のタイピングが伴うようなビジネス用途や、「使い慣れたWindows用ソフトを使いたい」という場合、ノートパソコンを選んだ方が便利なのは事実。

BUZZAP編集部でも取材の際にノートパソコンを持ち歩いていますが、ノートパソコンは分厚いものが多く、うかつにカバンのスペースを大きく奪われると、他の機材を詰め込むのに四苦八苦してしまいます。おそらくビジネスマンやカジュアルにノートパソコンを使いたいというユーザーであれば、ノートパソコンの厚みは共通の悩みであると思われますが、そんな悩みを解決してくれるAcerのUltrabook「Aspire S3」を触り倒してみました。



これがAcerのUltrabook「Aspire S3」の外箱。コーポレートカラーの鮮やかな黄緑が印象的です。


開けてみたところ。一番最初に目に付くように、スタートガイドと製品の品質確認実施に関するお知らせが入っています。


付属品はこんな感じ。本体の他にACアダプタ、ユーザーガイド、クイックガイド、保証書、修理依頼書が入っていました。


そしてこれがAcerのUltabook「Aspire S3」本体。12月中旬に発売されたばかりの上位モデル「S3-951-F74U」で、IntelのCore i7 2637M(1.7GHz)、4GBメモリ、256GBの大容量SSDを搭載。このスペックで10万円を切る9万6426円(1月30日18:30現在)という非常に魅力的な価格を実現していますが、これはおそらくパソコン市場で世界シェア第2位を誇るAcerのスケールメリットによるものと考えられます。


思わず「薄ッ!」と声が出てしまうほどの薄さです。


Acerの独自技術を採用することで、液晶ディスプレイのベゼル(フレーム部分)の厚みを従来の3分の1に抑えており、本体の最薄部は13mm、最も厚い箇所でも17.5mmと圧倒的な薄さを実現しているのが「Aspire S3」の特徴。なお、「S3-951-F74U」本体の重さは1.33kgです。


厚みはiPhone 4Sのおよそ1.5倍程度。「ノートパソコンでありながら、スマートフォンと比較しても遜色ない薄さ」というところに驚かされます。


一般的なDVDケースと比べるとちょっとだけ厚みがあるレベルです。


ちなみに「Ultrabook」はIntelが提唱した高速起動・厚さ1インチ(または21mm)の薄さ・高速レスポンス・長時間駆動を実現するノートパソコンですが、「Aspire S」シリーズはスリープ状態から約1.5秒、休止状態からもわずか約6秒で復帰する「Instant On」やハイスペックモデルでありながら7時間駆動が可能なバッテリーを備えるなど、薄さだけでなく「Ultrabook」のすべての要件を完全に満たしています。


ディスプレイは13.3インチWXGA(1366×768)液晶。


上部に130万画素のWEBカメラを搭載しています。


キーボード周りはシンプルなデザイン。シックで落ち着いた色合いとなっています。


キーはそれぞれ独立したアイソレーションタイプを採用しており、タイプミスの軽減を図っています。


ヒンジ部にある電源ボタン。


本体の左側面にはイヤホンジャックがありました。


反対の右側面にはSDカードとマルチメディアカードに対応したカードリーダー。


背面を見てみます。


電源入力端子や液晶テレビなどと接続できるHDMI端子、それにUSB端子が2つありました。


裏面には専用チューニングが施されたスピーカー。ノートパソコンは音質がおろそかにされがちですが、高音質を実現する「ドルビーホームシアターv4」にも対応しています。


あまりにも薄いのでもしやと思いA4サイズの封筒に突っ込んでみたところ、ピッタリと収まりました。これはすごい。


実際の持ち運びを想定して試しにメッセンジャーバッグへと入れてみると……


スペースを占有することもなく余裕で収まりました。薄いおかげでビジネスバッグやカジュアルバッグにも簡単に入るのがうれしいところ。実験としてこのまま数十分間自転車で走ってみましたが、特に重さが気になることはありませんでした。自転車通勤の人にもお勧めできそうです。


ちなみにACアダプタはこんな感じ。世界各国で利用できるタイプであるためか、本体の薄さに比べるとやや武骨な印象。


次回は「Aspire S3」の性能や特徴がよくわかるムービーレビューをお送りします。お楽しみに。

Aspire S Series | Product Series


<続き>
高速起動・高速無線LAN接続が便利すぎる、AcerのUltrabook「Aspire S3」ムービーレビュー | BUZZAP!(バザップ!)


・関連記事
17時間駆動で薄型化した新型レッツノート「SX1」「NX1」発表、パナソニック独自にWiMAX回線の提供も | BUZZAP!(バザップ!)

高騰が続くHDD、今一番お買い得なのは3TBモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

低価格化が進むノートパソコン、3万円割れも当たり前に | BUZZAP!(バザップ!)

「ネットブックから撤退しない」と世界第2位のパソコンメーカー、Acerが表明 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加