W-ZERO3ユーザーの見果てぬ夢、QWERTYキーボード搭載スマホまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加



2005年12月発売された初の国産スマートフォン「W-ZERO3」。OSに「Windows Mobile 5.0」を採用し、業界初となる3.7インチVGA(640×480)液晶やIntelの「PXA270プロセッサ(416MHz)」、133万画素カメラなどを備えたモデルですが、なによりも快適な文字入力を実現したスライド式のQWERTY配列キーボードに魅せられた人も少なくないはず。

しかしiPhoneの登場を機に、QWERTYキーボード搭載端末は廃れていきましたが、W-ZERO3シリーズ以降に登場したモデル(BlackBerry除く)をまとめてみました。

・WILLCOM 03
2008年6月にウィルコムから発売されたスマートフォン。3インチワイドVGA(480×800)液晶にMarvell製「PXA270プロセッサ(520MHz)」、接写も可能な131万画素カメラなどを搭載。後継機種の「HYBRID W-ZERO3(WS27SH)」がテンキー搭載となったため、W-ZERO3シリーズ最後のQWERTYキーボード搭載モデルとなりました。


・docomo PRO series HT-01A
2008年11月発売のHTC製スマートフォン。2.8インチのVGA液晶や320万画素カメラなどを搭載。兄弟機として「SoftBank X05HT」や「E30HT」も発売されました。


・Dual Diamond(S22HT)
2008年12月発売のHTC製スマートフォン。2.8インチのVGA液晶や320万画素カメラを備えたところは「HT-01A」とほぼ同じですが、テンキーも搭載されています。


・IS01
2010年6月発売のKDDI、そしてシャープ初のAndroid端末。5インチ液晶(960×480)や第1世代Snapdragon(1GHz)、約527万画素カメラ、ワンセグ、赤外線通信機能を搭載したモデル。独特の形状から「メガネケース」という愛称でも親しまれ、7月にはNTTドコモから兄弟機「SH-10B」も発売されましたが、いずれのモデルも発売数ヶ月でAndroidアップデートが打ち切られています。


・IS02、T-01B
2010年6月発売の東芝製スマートフォン。4.1インチ有機EL(800×480)や第1世代Snapdragon(1GHz)、約322万画素カメラを搭載。国内向けとしては最後となる「Windows Mobile 6.5」モデルとなりました。


・GALAPAGOS 005SH
2011年2月発売のシャープ製スマートフォン。「GALAPAGOS 003SH」の兄弟機にあたり、3D表示に対応した3.8インチ液晶(800×480)、第2世代Snapdragon(1GHz)、800万画素カメラ、ワンセグ、赤外線通信、おサイフケータイなどを備えた完成度の高いモデルで、Android 2.3へのアップデートも提供されたほか、ウィルコム向けにPHS端末とのセット販売も行われています。


・Optimus chat L-04C
2011年3月発売のLG電子製スマートフォン。3.2インチHVGA(480×320)液晶や600MHz駆動のCPU「MSM7227」、約320万画素カメラを備え、OSのバージョンはAndroid 2.2。お世辞にもハイスペックではなく、あくまで安価なエントリーモデルという位置付けに。


・REGZA Phone IS11T
2011年9月に発売された、最後の東芝ブランドとなるAndroid 2.3スマートフォン。4.0インチFWVGA(854×480)液晶や第2世代Snapdragon(1.4GHz)、約808万画素カメラ、ワンセグ、赤外線通信、おサイフケータイなどを搭載していますが、直感的とは程遠いインターフェースや頻発する「内蔵メモリが不足しています」という表示、そして不安定なメールソフトなど、決して完成度が高いとはいえなかったのが残念です。


そもそも需要に限りがあることに加え、本体の厚みや重量が増し、バッテリーの容量も確保しづらい……といった難点もあることから、年に数機種が発売されるのみにとどまっているスライド式キーボード採用モデル。

物理キーボードはタッチパネルと異なりブラインドタッチがしやすく、長文タイプもスラスラと行えるほか、「相手の顔を見て話しながらメモを取る」といったことも簡単にできるため、機種数が少ないのは仕方が無いとしても、せめて完成度の高いモデルがリリースされることに期待したいところです。

・関連記事
早すぎた国産スマートフォン「W-ZERO3」シリーズの歴史を振り返る | BUZZAP!(バザップ!)

もうすぐ消えるウィルコムが見せてくれた夢、初の国産スマホ「W-ZERO3 WS003SH」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

初の国産スマホ「W-ZERO3」の未使用品が一挙放出へ | BUZZAP!(バザップ!)

後悔しないスマートフォンの選び方 2012年夏モデル編 | BUZZAP!(バザップ!)

実は気になる点が多数、「DIGNO DUAL WX04K」を改めて冷静に考え直してみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加