あのロックの名盤のジャケを靴下で作ってみたらこんなことに

このエントリーをはてなブックマークに追加



ジャケットを見ただけでイントロが頭の中で鳴り響く、そんな誰しもが知る名盤のあのジャケをなんと靴下で再現してしまった人がいます。

こちらはTumblr上の「Famous album covers recreated with my socks」というBlog上に投稿されている一連の作品集。きっと知っているアルバムがあるはず。

ピンクフロイド「狂気」


ザ・スミス「ミート・イズ・マーダー」


ヴェルヴェット・アンダーグラウンド「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ」


ザ・ローリング・ストーンズ「ヴードゥー・ラウンジ」


ザ・ブラック・クロウズ「アモリカ」


ソニック・ユース「デイドリーム・ネイション」


これ以外の作品は以下のサイトから。これからも続々と追加されるはずです。

Famous album covers recreated with my socks

どうしてこの作品を作ったのか?作者はBlog内のエントリで問答集の形で作った動機を語っています。



1.「お前他にやることないんかよw」「暇すぎw」「まともに生活してないだろww」
そんなことないよ。忙しくて幸せな日々を送ってる。毎日ちょっとクリエイティブなことをするのはとてもいいことだよ。

2.「なんで靴下www」
ふざけたお遊びが時にやりがいのあるチャレンジになる。制限が創造性を高めることもあるんだよ。それに僕は山ほど靴下を持ってる。

3.「で、この作品のポイントは?」
そんなもの必要かい?本当にみんなものごとを厳しく切り捨てたがるよね。こんなのは自分の中の音楽オタクの部分の創造的輩出だ。アルバムアートはどんどんコンピューターのちっちゃなサムネイルに格下げされていってるから、僕はその中の素晴らしいいくつかをこうやって取り上げてる。もしあなたが僕の作品で扱ってるアルバムを知ってたらすぐにそれと分かるはずだ。その最善の結果は?あなたが「ずいぶんこのアルバム聞いてなかったな。」って考えてかけることだよ。




現代ならではの、そして音楽好きにはちょっと身につまされる理由でした。作品を見て懐かしいと思ったら、久しぶりに部屋のレコードやCDを漁ってみてはいかがでしょう?

・関連記事

天は二物を与えるのか?超有名ミュージシャン15人の絵画作品 BUZZAP!(バザップ!)

ロックスターたちの経年変化がよくわかる、今と昔の比較画像まとめ BUZZAP!(バザップ!)

幸せそうに微笑んでいるカート・コバーンの貴重な写真30枚 BUZZAP!(バザップ!)

あのロック名盤ジャケットから亡くなったバンドメンバーだけを抜くとこうなる BUZZAP!(バザップ!)

グレイトフル・デッドの魅力を余すところ無く詰め込んだ超巨大オンラインアーカイブがオープン、ファンの録音テープ音源も多数 BUZZAP!(バザップ!)

25歳以下で最もセクシーな女性ミュージシャン25人 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加