Instagramのタイムラインを鑑賞できるデジタルフォトフレーム「Instacube」

このエントリーをはてなブックマークに追加



Instagramで写真を撮って共有、楽しいのですがスマホを開かないと見れません。もっと手軽にみんなの撮っている写真を見られたら、という発想から生まれたのがこのデジタルフォトフレームです。


Instacubeはwi-fiでInstagramのユーザーアカウントに同期し、タイムラインを表示することができます。いいねボタンやトグルボタンなども取り付けられている他、タッチスクリーン式になっていて、気に入った写真を選んで表示させることも可能。


使用方法は電源を入れたらwi-fiネットワークに接続し、Instagramのアカウントにログインするだけと非常にシンプル。フォローしているアカウントがInstagramに写真を投稿すると自動的に画面に写し出されていきます。


Instacubeを制作したのはカリフォルニアのデザインコンサルタント会社のD2M。マイクロファンディングサイトのKickstarterでプロジェクトを推進しており、9月1日時点で250,000ドル(約2000万円)の目標額を100,000ドル以上超える374,250ドル(約3000万円)を集め、製品化が決定しています。


なお、スペックは以下の通り。



・ARM Processor
・4GB 内部フラッシュメモリ
・256MB RAM
・フレームサイズ 19cm×19cm
・クリーンサイズ 16.5cm×16.5cm
・スクリーン解像度 600x600
・802.11b/g/n WiFi内蔵
・タッチスクリーンディスプレイ
・Android OS





実際の使用イメージはこんな感じ。



以前当サイトで紹介したInstagramのリアルなカメラはまだ先の話になりそうですが、このInstacubeはKickstarterの下記リンクのページから149ドル(約12000円)以上の投資で手に入れることが可能。配送は2013年3月の予定です。

Instacube A Living Canvas for your Instagram Photos by D2M Design to Matter ? Kickstarter

過去の思い出を振り返る通常のデジタルフォトフレームと違い、まさに今撮影されたInstagramの写真を鑑賞できるInstacube。これまでにない新しい楽しみ方ができそうです。

・関連記事
Instagramがとってもオシャレで機能満載な本物のカメラに? BUZZAP!(バザップ!)

キューブリックが一点透視図法の映像マジックをどのように用いたかが一目で分かる動画「Kubrick One-Point Perspective」 BUZZAP!(バザップ!)

「世界最悪」の修復キリスト画が大人気でコラ続出、保護を求めるオンライン署名まで登場 BUZZAP!(バザップ!)

「BNE」「BNE参上」「BNE WAS HERE」、あらゆる街のいたる所に貼られまくっているステッカーの正体 | BUZZAP!(バザップ!)

地球で最も写真が撮られている場所が一目でわかる「Sightsmap」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加