「Xperia Tablet S」国内発売決定、タブレットのブランド名も「Xperia」に

このエントリーをはてなブックマークに追加



先日、世界最大のコンシューマーエレクトロニクスショー「IFA2012」において、ソニー・モバイルコミュニケーションズが発表した「Xperia Tablet S」の国内発売が決定しました。



Android 搭載タブレット端末Xperia Tablet 発売 | プレスリリース | ソニー

ソニーのプレスリリースによると、同社はAndroid 4.0搭載タブレット「Xperia Tablet S」を9月15日に発売するそうです。市場想定価格は16GBモデルが4万円前後、32GBモデルが4万8000円前後、64GBモデルが5万6000円前後。

「Xperia Tablet S」は高いコントラストと屋内でも屋外でも見やすい視認性を兼ね備えた9.4インチWXGA(1280×800)オプティコントラストパネルやNVIDIAのTegra 3プロセッサ(1.4GHz、クアッドコア)、いずれも裏面照射型CMOSを採用した800万画素リアカメラおよび100万画素フロントカメラを搭載した生活防水(IPX4防滴)対応モデル。


背面に段を配したデザインで、持ちやすさを追求した厚さ約8.8mm、重さ約570gの薄型・軽量のボディを採用しており、キッチンでレシピを見る際に濡れた手でも操作できるほか、ソファーに寝転んで電子書籍を読むといった場面でも快適に使用できるとのこと。


背面


さらに映像配信サービス「Video Unlimited」や音楽配信サービス「Music Unlimited」、初代PSソフトなどをプレイできる「PlayStation Certifiedライセンスプログラム」、電子書籍配信プラットフォーム「Reader Store」など、ソニーの各種サービスに加え、「Clear Audio+モード」などで高音質に音楽を楽しめる「WALKMANアプリケーション」なども利用可能となっています。

なお、スマートフォンで展開してきた「Xperia」は、デザイン・機器連携・ネットワークサービスを通じて、ユーザーの楽しみを拡げるモバイル体験を提供するブランドという位置付けですが、今後は「Sony Tablet」ではなくXperiaブランドでタブレットを展開するとしており、スマートフォンと共通の体験でユーザーが使いやすい商品を提案していくとしています。

・関連記事
「Xperia T」「Xperia TX」「Xperia V」「Xperia J」「Xperia Tablet S」が一挙に発表される | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーが4K(3840×2160)対応テレビ「KD-84X9005」発表、利用イメージがとんでもないことに | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーが「Exmor RS」開発、スマフォでさらなる高画質撮影が可能になる新型CMOSセンサー | BUZZAP!(バザップ!)

1万2000円近くに値下がりか、新型PS3「CECH-4000」やPS4に関する情報が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

Android 4.0搭載「Fシリーズ」など新型ウォークマン発表、なんと「Aシリーズ」が消滅 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加