下り最大110Mbpsの「Softbank 4G(AXGP)」基地局が急増中、目標を半年前倒しで実現

このエントリーをはてなブックマークに追加



下り最大110Mbpsのサービス提供を予定している「Softbank 4G」の通信規格「AXGP」の基地局数が目標を半年前倒しで実現したことが明かされました。



AXGP基地局数が今年度末計画数を前倒しで達成し、 全国502市区町村で当社ネットワークが利用可能に|お知らせ|Wireless City Planning 株式会社

ソフトバンクグループの「Wireless City Planning」のプレスリリースによると、同社は2011年11月より開始したAXGPサービスについて、今年度末に開設する予定だった基地局数(1万2693局)を、2012年9月6日に突破したそうです。

これは目標を半年前倒す形で実現したもので、2012年8月末時点でAXGPネットワークを利用可能なほか、今後も積極的にエリア整備を進め、2012年度末には全国政令指定都市の人口カバー率を100%とする予定。

なお、AXGPはウィルコムが開発していた次世代PHS「XGP」をベースに開発された規格で、世界標準規格の「TD-LTE」と高い互換性を持つとされています。

・関連記事
UQ WiMAX・Xi・EMOBILE LTE・Softbank 4G徹底比較、本当に選ぶべきは「業界最速」ではない | BUZZAP!(バザップ!)

今さら聞けない「3G」「4G」「WiMAX」「LTE」「AXGP」「DC-HSDPA」「HSPA+」とは? | BUZZAP!(バザップ!)

Softbank 4Gが月額3880円になる「4Gデータ通信バリューキャンペーン」が分かりづらい | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが「SoftBank 4G」でWi-Fiスポット展開、プラチナバンドはコミケ対策に使用せず | BUZZAP!(バザップ!)

ついに下り最大110Mbpsを実現した「ULTRA WiFi 4G 102HW」など、Softbank 4G対応ルーター2機種が発表 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加