イー・モバイルがソフトバンク傘下に、イー・アクセス買収で



ソフトバンクが「イー・モバイル」を展開するイー・アクセスを買収することが明らかになりました。



ソフトバンク、イー・アクセスを買収 2000億円弱  :日本経済新聞

日本経済新聞社の報道によると、ソフトバンクがイー・アクセスを買収する方針を固めたそうです。買収は携帯電話の利用周波数の拡大とインフラ投資の負担軽減を狙ったもので、株式交換による完全子会社化を目指し、株式取得額は2000億円弱になるとみられるとのこと。

これにより国内の携帯電話会社はNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの3社に集約され、ソフトバンクとイー・アクセスを合算した両社の携帯電話契約数は3427万件(8月末時点)となり、KDDIの3588万件に迫ることとなります。

・15:25追記
本日夕方からソフトバンクによる緊急記者会見が行われます。

・次の記事
実はかなりお買い得、ソフトバンクがイー・アクセスを買収する狙いを考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

・関連記事
崖っぷちに追い詰められる日本の携帯電話メーカーに生存戦略はあるのか | BUZZAP!(バザップ!)

Xi・au 4G LTE・Softbank 4G LTE・EMOBILE LTE・Softbank 4G・UQ WiMAXの通信量、速度制限まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5は「プラチナバンド版LTE」に非対応、イー・モバイルでも利用可能か | BUZZAP!(バザップ!)

下り最大21Mbpsの「Pocket Wi-Fi(GP01)」がプリペイド通信料1万円込みで実質0円に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング