iPhone 5は「プラチナバンド版LTE」に非対応、イー・モバイルでも利用可能か

このエントリーをはてなブックマークに追加



先ほどAppleがLTE対応のiPhone 5を発表し、日本ではKDDIとソフトバンクモバイルから発売されることとなりましたが、なんとiPhone 5ではつながりやすいプラチナバンドを用いたLTE通信を利用できないことが明らかになりました。

また、イー・モバイルで利用できるようになる可能性も浮上しています。



Apple - iPhone 5 - View countries with supported LTE networks.


先ほどAppleが公開したiPhone 5のLTEネットワーク対応状況一覧。日本で発売されるiPhone 5は「モデルA1429(CDMAモデル)」がKDDI向け、「モデルA1429(GSMモデル)」がソフトバンクモバイル向けとなっています。

アップル - iPhone 5 - 詳しい技術仕様


そしてLTEは利用する周波数によって「バンド1」「バンド3」といった表現を用いていますが、KDDI向けモデルが対応するのはバンド1・3・5・13・25、ソフトバンク向けモデルが対応するのはバンド1・3・5。しかしこのうち両社が提供を予定しているLTEサービスに合致するのはバンド1(2.1GHz帯)のみです。

つまりKDDIが「4G LTE」として2.1GHz帯と共に展開予定のプラチナバンド(800MHz帯)や1.5GHz帯のLTEネットワークは利用できないため、もとより2.1GHz帯のみでLTEを展開することを表明していたソフトバンクモバイルも合わせて、新しいiPhone 5のLTE通信機能はプラチナバンドに非対応ということに。なお、いずれのモデルもプラチナバンドで提供される3Gネットワークは利用可能。

これによりKDDIとソフトバンクモバイルはiPhone 5について同じ2.1GHz帯のLTEネットワークのみで勝負することになるわけですが、KDDIがiPhone 5以外のLTE対応モデルで複数の周波数帯を利用できるような施策を導入すれば、2.1GHz帯の混雑を回避できるようになることから、今後LTEへのシフトが進むにつれて、実効速度面でのアドバンテージも期待できます。

また、今年3月からイー・モバイルが提供している「EMOBILE LTE」はバンド3を利用しているため、「モデルA1429(GSMモデル)」のSIMフリー版を購入すれば、KDDIやソフトバンクモバイルと同じバンド1を採用しているNTTドコモ同様、非公式ながらイー・モバイルでもiPhone 5を利用できる(ただしLTEエリアのみ)可能性も浮上。はたして試してみる猛者は現れるのでしょうか……?

・次の記事
実はかなりお買い得、ソフトバンクがイー・アクセスを買収した狙いを考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)


・関連記事
今さら聞けない「3G」「4G」「WiMAX」「LTE」「AXGP」「DC-HSDPA」「HSPA+」とは? | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが「4G LTE」開始を前倒し、全国へ急速展開で実人口カバーは約96%に | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが「新しいiPad」と同方式のLTEを展開へ、パケット定額は月額5985円で7GB制限も | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモが下り最大112.5Mbpsに「Xi」を高速化へ、プラチナバンドでLTE展開も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加