コピー本の乱丁を防げる、とても便利な「中綴じ用面付表」は同人作家必見

このエントリーをはてなブックマークに追加



キンコーズのコピー機が全自動で中とじ製本可能になり、忙しい同人作家に救いの手が差し伸べられたことを以前BUZZAPでお伝えしましたが、「近くにキンコーズがない」という人も少なくないはず。

そして手作業で中とじ製本を行う場合、コピー機で印刷する前に非常に面倒な「面付け」を行う必要があるわけですが、面付けの失敗(乱丁)を防げる便利なサービスがあります。詳細は以下から。



中綴じ用面付表

これが「中綴じ用面付表」。表裏それぞれ2面付けの両面印刷、右綴じの中綴じ本を想定しており、表紙込みのページ数(4の倍数)を半角数字で入力すると、自動的に面付けの仕方を教えてくれるというもの。

試しに16ページの突発コピー本を作った場合の面付けパターン。なお、ノンブルは表紙を「1」と数え、本文の一番始めを「3」としています。


失敗すると乱丁が発生し、「何気ない日常シーンのページをめくったらいきなり告白シーン」「ついにベッドシーンかと思ったらいきなり事後」「一番盛り上がるはずのネタが変なタイミングで炸裂して不発」といった悲惨な事態に陥りかねない面付け。

イベント直前ギリギリまで原稿に追われると疲労が溜まり、ミスが起きやすくなるわけですが、「ひたすら原稿に時間を費やし、疲れた身体で印刷・製本したコピー本全部が不良在庫化」となると泣くに泣けないため、セルフチェックなどを徹底したいところです。

・関連記事
同人作家に朗報、キンコーズのコピー機が全自動で製本可能に | BUZZAP!(バザップ!)

まさにコピー本の救世主、コミケに間に合う「自費出版プラン」をキンコーズが提供中 | BUZZAP!(バザップ!)

同人誌の違法アップロードを抑止する「同人Bz」公開、総合情報サイトとしての活用も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加