村上春樹作品の表紙を海外イラストレーターが再デザインするとこうなる

このエントリーをはてなブックマークに追加



日本国内だけにとどまらず、海外にも大勢のファンを抱える村上春樹。例えばレディオヘッドのトム・ヨークも彼のファンであることはよく知られていますが、この度、ロンドンを拠点に活躍するイラストレーターのNoma Barさんが、彼の著作の数々をヴィンテージ風に再デザインしました。

Creative Review - Murakami covers by Noma Bar

「アフターダーク」


「海辺のカフカ」


「ダンス・ダンス・ダンス」


「神の子どもたちはみな踊る」


「国境の南、太陽の西」


「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」


「走ることについて語るときに僕の語ること」


「象の消滅」

1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)
村上 春樹
新潮社 (2012-03-28)
売り上げランキング: 557

・関連記事
村上春樹、ダメダメな性描写を称える賞にノミネートされる | BUZZAP!(バザップ!)

過去50年間で最も読まれてきた本トップ10 | BUZZAP!(バザップ!)

ずっと本を読んでいたくなる、世界の美しい図書館・書斎20選 | BUZZAP!(バザップ!)

あの超有名小説の食卓を再現した写真作品「Fictitious Dishes」 | BUZZAP!(バザップ!)

巷じゃお目にかかれないデザイン性に富んだ本棚10種類 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加