村上春樹、ダメダメな性描写を称える賞にノミネートされる

このエントリーをはてなブックマークに追加


By seq

村上春樹の小説で性描写は外せません。高校生の頃に「ノルウェイの森」ってエロいんだぜ、と同級生に教えられたのが彼の名前を初めて聞く機会だった、という人も少なくないはず。

その村上春樹がイギリスのLiterary Review magazineが毎年行っている「Bad Sex in Fiction」賞にノミネートされてしまいました。



Stephen King, Haruki Murakami cited for Bad Sex in Fiction - Arts & Entertainment - CBC News:

同社のスタッフによるとこの賞が目指すのは「現代の小説のみだらで、悪趣味で、そしてたいていはおざなりの性的描写に関心を集め、駆逐することだ」とのこと。村上春樹の他にはアメリカのスティーブン・キングをはじめ、ハンガリーやオーストラリア等からもノミネートされています。

どこまで本気なのか、冗談なのか判断の難しい賞ですが、村上春樹がノミネートされたのは今年の10月25日に「1Q84」が英語に翻訳されたのも無関係ではないでしょう。青豆さんがやりすぎてしまったということでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加