ソフトバンクがアメリカのスプリント買収へ、CDMA2000とWiMAXを展開中



ソフトバンクがアメリカの大手携帯電話会社、スプリントを買収する意向であることが明らかになりました。



ソフトバンク、米携帯電話3位を買収へ 総額2兆円超  :日本経済新聞

日本経済新聞社の報道によると、ソフトバンクがアメリカ市場3位の携帯電話会社スプリント・ネクステルを買収する方向で協議に入ったそうです。買収総額は1.5兆円を超えるとみられ、日本企業による海外企業買収では過去最大となる可能性があるとのこと。

ソフトバンクはスプリントの買収により、スマートフォンなど端末の共同調達でコストを削減するほか、両社ともエリクソンに基地局を発注しているため、基地局のコストも低減される見込み。

ちなみにスプリントの契約者数は約5600万人で、通信ネットワークとしてはKDDIと同じ「CDMA2000」および「WiMAX」を展開。KDDIからも発売されたHTCのWiMAX対応スマートフォン「EVO」シリーズなどを扱っていたキャリアですが、WiMAXについてはLTEへシフトすることを表明済み。しかしLTE移行に必要な投資負担により、経営が悪化していたとされています。

ウィルコムは次世代PHS、イー・モバイル(イー・アクセス)はLTE……と、次世代ネットワークへの移行に必要な設備投資で経営が悪化した企業を吸収していったソフトバンクですが、スプリントは「お手ごろ」だということでしょうか。

・関連記事
全機種AXGPとテザリング対応、ソフトバンクが2012年冬春モデルを発表 | BUZZAP!(バザップ!)

実はかなりお買い得、ソフトバンクがイー・アクセスを買収した狙いを考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  5. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に

モバイルに関連した楽天商品ランキング