「GALAXY S III α SC-03E」レビュー、もともと高い完成度がさらにアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモが対iPhoneの本命として今年夏に発売した「GALAXY S III SC-06D」が、さらに進化した「GALAXY S III α SC-03E」として2012年冬モデル発表会にお目見えしました。

まるで指に吸い付くような感覚で操作できる、非常に高い完成度を実現していた前モデルをさらにブラッシュアップさせています。



これが「GALAXY S III α SC-03E」。前モデル同様、約4.8インチHD(1280×720)有機ELディスプレイに約190万画素フロントカメラを備え、ワンセグに続いておサイフケータイにも対応しており、12月発売予定。


カラーは2色。背面カメラも約800万画素のままです。



そして前モデルとの比較。Android OSのバージョンが「4.0」からより高速動作が可能な「4.1」になり、CPUはクアルコムの「MSM8960(1.5Ghz、デュアルコア)」からSamsung独自開発の「Exynos4412(1.6GHz、クアッドコア)」に。さらに下り最大100Mbps・上り最大37.5Mbpsの「Xi」に対応したほか、iPhone 5と異なり、つながりやすいプラチナバンド(800MHz帯)のLTEを利用できます。


軽く触ってみたところ。指に吸い付くようなタッチ感はそのままに、CPUのバージョンアップとAndroid 4.1による描画性能向上により、さらなる快適さを実現。「GALAXY S III SC-06D」から搭載された新機能ももちろん利用できます。

「GALAXY S III α SC-03E」も指に吸い付く動きを実現 - YouTube


NTTドコモの2012年冬モデル紹介ページは以下。

2012冬モデルの主な特長 : 新製品一覧 | 製品 | NTTドコモ


・関連記事
ワンピーススマフォ「N-02E ONE PIECE」や「Xperia AX」など、ドコモの2012年冬モデルが先行公開 | BUZZAP!(バザップ!)

Xi・au 4G LTE・Softbank 4G LTE・EMOBILE LTE・Softbank 4G・UQ WiMAXの通信量、速度制限まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

「docomo Wi-Fi」が永年無料化、今後半年でスポット数を約4倍に急拡大へ | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモや富士通、NECなどが合弁、世界に先駆けた通信プラットフォーム開発へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加