「Galaxy S III SC-06D」レビュー、指に吸い付くような操作感をついに実現

このエントリーをはてなブックマークに追加



本日NTTドコモが2012年夏モデルとして発表した、「Galaxy S III SC-06D」のレビューをお届けします。

NTTドコモにとって「対iPhone」の主力モデルであるGalaxyシリーズですが、最新モデルとなる「Galaxy S III SC-06D」では今まで以上に自然な操作感を実現。まるで指に吸い付くような感覚で操作できるようになっています。



「Galaxy S III SC-06D」本体。約4.8インチHD(1280×720)有機ELディスプレイにクアルコムの第4世代CPU「MSM8960(1.5Ghz、デュアルコア)」を搭載、約190万画素フロントカメラを備え、ワンセグに続いておサイフケータイにも対応したXi対応Android 4.0スマートフォンです。


背面には約800万画素カメラを搭載


バッテリーはスマートフォンとしては大容量の部類に入る2100mAhのものを採用。


フロントカメラでユーザーの目の動きを捉えることで、「スマートフォンを持って寝転がった時に、勝手に画面が横回転する」といった事態を避けることができるようになったほか、通話履歴などの詳細画面を表示している際に、端末を耳に近づけると発信できる新機能「ダイレクトコール」を搭載。


さらに不在着信やメール着信などがあった場合に、端末を持ち上げると本体が軽く震えて知らせてくれる「スマートアラート」などを備えています。


実際に本体を操作してみたところ。レスポンスに定評のあるGalaxyシリーズですが、「Galaxy S III」では指に吸い付くかのようなタッチ操作を実現。「使っていて気持ちいい」というレベルに達しています。

指に吸い付くタッチ感のGalaxy S III - YouTube


もちろんブラウジングもすいすいできます。PC用のページを拡大・縮小してもガクガクになることはありません。

Galaxy S IIIですいすいブラウジング - YouTube


動画をポップアップウインドウで再生することで、動画を見ながらブラウジングなどが可能になる「ビデオポップアップ機能」はこんな感じ。このような形での動画再生機能を搭載したモデルは今までに無く、普段パソコンで動画の「ながら見」をしているユーザーにとっては非常に便利だと思われます。

動画の「ながら見」をGalaxy S IIIでやってみた - YouTube


Galaxy Noteから搭載されている画面キャプチャ機能。Androidは画面キャプチャが面倒な場合が多いわけですが、これはなかなか使えそうです。

Galaxy S IIIは手でなでるだけで画面キャプチャ可能 - YouTube


・関連記事
NTTドコモが2012年夏モデルを発表、記事一覧まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

わずか数ヶ月で黒歴史認定か、「Galaxy Nexus」「Xperia NX」などがNTTドコモ公式ページから消滅 | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーが「Xperia GX」「Xperia SX」正式発表、LTE対応の日本向けモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

下り最大3Gbpsの超高速通信「LTE-Advanced」向けの新技術登場、混雑時にも快適に通信可能 | BUZZAP!(バザップ!)

まさに栄枯盛衰、携帯電話メーカー各社のシェアを2001年から振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加