何もかも割り切った「らくらくスマートフォン F-12D」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加



本日NTTドコモが2012年夏モデルとして発表した、初のシニア層向けスマートフォン「らくらくスマートフォン F-12D」のレビューをお届けします。



これが「らくらくスマートフォン F-12D」本体。約4.0インチWVGA(800×480)液晶、クアルコムの第2世代Snapdragon「MSM8255(1.4GHz、シングルコア)」、32万画素フロントカメラなどを備えた防水・防塵対応Android 4.0スマートフォン。物理ボタンはホームボタンのみにとどめ、画面上に大きなボタンを配置しています。


背面には約810万画素カメラを搭載


左側面に電源および音量ボタンがあります。


実際に操作してみたところ。「Google Play」非対応にし、縦スクロールをメインにしたUIを採用することで操作を簡素化したほか、設定項目なども分かりやすく説明しているのが特徴。試作機であるためタッチの精度が甘いのが気になりますが、これなら従来のフィーチャーフォンタイプの「らくらくホン」ユーザーが乗り換える選択肢になりうると思われます。

らくらくスマートフォン F-12Dを操作 - YouTube


なお、「らくらくスマートフォン F-12D」向けには月額2980円で利用できるパケット定額プラン「らくらくパケ・ホーダイ」が提供予定となっています。

・関連記事
NTTドコモが2012年夏モデルを発表、記事一覧まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

わずか数ヶ月で黒歴史認定か、「Galaxy Nexus」「Xperia NX」などがNTTドコモ公式ページから消滅 | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーが「Xperia GX」「Xperia SX」正式発表、LTE対応の日本向けモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

下り最大3Gbpsの超高速通信「LTE-Advanced」向けの新技術登場、混雑時にも快適に通信可能 | BUZZAP!(バザップ!)

まさに栄枯盛衰、携帯電話メーカー各社のシェアを2001年から振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加