画面メモが超便利な「Optimus Vu L-06D」レビュー、4:3の大画面にペン付きの変わり種

このエントリーをはてなブックマークに追加



本日NTTドコモが2012年夏モデルとして発表した、ジョジョの奇妙な冒険とのコラボスマートフォン「L-06D JOJO」のベースモデルとなった「Optimus Vu L-06D」のレビューをお届けします。

スマートフォンやタブレット端末などの中では珍しい、4:3の5インチ液晶とタッチペンを採用した変わり種ですが、思いのほか便利に使えることに驚かされました。



これが「Optimus Vu L-06D」本体。スマートフォンやタブレット端末で一般的な16:9ではなく、4:3比率の約5.0インチXGA(1024×768)液晶やデュアルコアCPU「APQ 8060(1.5GHz)」、130万画素フロントカメラを備え、下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsの「Xi」に対応。十分なスペックを備えています。


手に持ったところ。やはり大きく、「ハンディサイズのタブレット端末」というスタンスで扱うのがちょうどいいかもしれません。


このモデルの大きな特徴は「ペンで操作できる」という点。ホーム画面のスクロールなども、指の代わりにペンで行うことができるため、指での操作に慣れない男性ユーザーだけでなく、ネイルアートでタッチ操作がしづらい女性ユーザーでも快適に操作できます。

ペンで快適操作できる「Optimus Vu L-06D」 - YouTube


また、ペンを使って画面にメモを書くことも可能。


書いたメモを保存して共有することもできるため、ビジネス文書のチェック時などに役立ちそう。


このように目印を付けた地図を共有するなどした場合、いろいろと捗るのではないでしょうか。


・関連記事
NTTドコモが2012年夏モデルを発表、記事一覧まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

わずか数ヶ月で黒歴史認定か、「Galaxy Nexus」「Xperia NX」などがNTTドコモ公式ページから消滅 | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーが「Xperia GX」「Xperia SX」正式発表、LTE対応の日本向けモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

下り最大3Gbpsの超高速通信「LTE-Advanced」向けの新技術登場、混雑時にも快適に通信可能 | BUZZAP!(バザップ!)

まさに栄枯盛衰、携帯電話メーカー各社のシェアを2001年から振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加