「Xperia AX SO-01E」レビュー、高性能・アーチ形状・国内向け機能をついに兼ね備える

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモの2012年冬モデルとして登場した「Xperia AX SO-01E」のレビューをお届けします。

ソニーの技術をふんだんに盛り込んだだけでにとどまらず、同じ国内向け機能を搭載した「Xperia acro」「Xperia acro HD」と異なり、他のXperiaシリーズで好評なアーチ状のデザインを実現しています。



「Xperia AX SO-01E」本体。タッチパネルとガラス層を一体化した約4.3インチHD(1280×720)液晶にシーンやコンテンツの解像度に応じて自動で効果を調整する「モバイルブラビアエンジン2」を搭載したほか、CPUに「Xperia GX」などと同じ「MSM8960(1.5GHz、デュアルコア)」を採用しており、OSのバージョンはAndroid 4.0。


黒つぶれや白とびしやすい逆光時やノイズが出やすい暗い場所でもキレイに撮影できるソニーの裏面照射型CMOS「Exmor R」を採用した1300万画素カメラを搭載。


ワンセグ、NEC対応おサイフケータイ、赤外線通信機能などの国内向け機能を盛り込んでいるにもかかわらず、アーク形状を実現。下り最大100Mbps・上り最大37.5Mbpsの「Xi」に対応しており、11~12月発売を予定しています。


「Video Unlimited」「Music Unlimited」「PlayStation Mobile」など、ソニーならではのコンテンツ配信サービスに対応。


「Xperia acro HD」と異なり、防水モデルにもかかわらずバッテリー交換が可能。


カラーバリエーションは4色。今回のブルーモデルはいつもと少し色味の違う「ターコイズブルー」となっており、メインカラーはホワイトとなっています。



ざっと触ってみたところ。Xperiaらしい操作感であるため、既存のXperiaユーザーも安心して乗り換えられるのではないでしょうか。

「Xperia AX SO-01E」をざっと触ってみた - YouTube


また、別売りのNFC対応スピーカーを利用して、すぐさまBluetoothペアリングも可能。ワイヤレスで音楽を楽しめます。


NTTドコモの2012年冬モデル紹介ページは以下。

2012冬モデルの主な特長 : 新製品一覧 | 製品 | NTTドコモ


・関連記事
ワンピーススマフォ「N-02E ONE PIECE」や「Xperia AX」など、ドコモの2012年冬モデルが先行公開 | BUZZAP!(バザップ!)

Xi・au 4G LTE・Softbank 4G LTE・EMOBILE LTE・Softbank 4G・UQ WiMAXの通信量、速度制限まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

「docomo Wi-Fi」が永年無料化、今後半年でスポット数を約4倍に急拡大へ | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモや富士通、NECなどが合弁、世界に先駆けた通信プラットフォーム開発へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加