GoogleがNexus 10の国内販売をようやく開始、iPadよりも薄型軽量で高精細に

このエントリーをはてなブックマークに追加



GoogleがNexus 7に続いて「Nexus 10」の国内販売を開始しました。当初の発売予定から大幅に延期されていましたが、ようやくお目にかかることになります。



Nexus 10(16GB) - Google Play

Google公式ページによると、2013年2月5日現在、Wi-Fi対応の「Nexus 10」2機種が販売されています。価格は16GB版が3万6800円で32GB版は4万4800円。

「Nexus 10」はキズが付きにくい「ゴリラガラス2」採用の10インチWQXGA(2560×1600)液晶、iPhoneなどのCPUを手がけていたSamsung独自開発のデュアルコアCPU「A15」とGPU「Mali T604」、2GBメモリを搭載したAndroid 4.2タブレット。MIMO技術採用のWi-Fiでさらなる高速通信を実現しています。


前面には190万画素、背面には500万画素カメラを搭載。「Google+ハングアウト」の機能を使えば同時に9人までのビデオチャットも可能で、バッテリー容量は9000mAhです。


iPad Retinaディスプレイモデルとの比較はこんな感じ。iPadよりも薄くて軽く、さらなる高解像度液晶を搭載したにもかかわらず本体価格が安価なのが強みです。

画面解像度:Nexus 10(2560×1600)、iPad(2048×1536)
薄さ:Nexus 10(8.9mm)、iPad(9.4mm)
重さ:Nexus 10(603グラム)、iPad(652グラム)
16GBモデルの価格:Nexus 10(3万6800円)、iPad(4万2800円)



・関連記事
「Tegra 4」搭載タブレットは6月に登場か、ただしメーカー各社は採用に消極的 | BUZZAP!(バザップ!)

第2世代にあたる新型「Nexus 7」は5月に登場か、フルHD液晶などを搭載へ | BUZZAP!(バザップ!)

本体重量わずか5kg、iPadの比じゃないタブレット「Smart Display」はこんなにもすごい | BUZZAP!(バザップ!)

約1万3000円の格安タブレット「MeMO Pad」登場、「Nexus 7」のASUSから | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加