【印度通信 vol.5】時に片足で立ち続け、時にイバラの上に寝そべる苦行者【道端のサドゥー編】

このエントリーをはてなブックマークに追加



会場に到着するなり衝撃的な光景を目の当たりにしたBUZZAP!取材班。いったいここにはどんな人が集まって何が起こっているのでしょうか。じっくり見てみましょう。

※再掲

まず、クンブメーラ会場以外でこの光景を見たら「ただのしかばねのようだ」と誰もが思うはず。しかし、ここはもちろんクンブメーラ会場。つまり、彼はサドゥー(ヒンズー教におけるヨガの実践者や放浪する修行者)で、彼がやっているのは死んだふりではなく苦行です。


その証拠に目の前のシートにはお米などのお布施がぶち撒けられています。


クンブメーラ会場にはこのようなサドゥーをちょくちょく見かけます。もちろんそうではないサドゥーの方が圧倒的多数です。会場の道端で見かけるサドゥーたちはどのようにこの祭を過ごしているのか見てみましょう。

まずは苦行をしているサドゥーから。彼はずっと右足を上げたまま過ごしています。ずっと右足を使っていないため、左足に比べて非常に細くなっています。右の屈んでいる女性はお布施を置いているところ。



このサドゥーは鋭いイバラの中に身を横たえています。時折こちらを見て微妙にアピールしてくる辺りがちょっとかわいいです。



こちらは(少なくともこの場では)苦行していないサドゥー。車座になって楽しそうに話している一団。


サングラスをかけたファンキーなサドゥー。カメラを向けるとニコニコでアピールしてきます。


自分の敷物に招いてくれるフレンドリーなサドゥーも。


中には小銭やタバコなどをたかってくる人もいますが、ここは彼らの祭典。お布施のつもりで渡してみると面白い体験ができるかもしれません。

次回は【聖者の大行進編】を掲載します。

サドゥ―小さなシヴァたち
柴田 徹之
彩図社
売り上げランキング: 384,042



ぢるぢる旅行記 (総集編)
ねこぢる
青林堂


・関連記事
【印度通信 Vol.3】クンブメーラ2013実地レポート【道のり編・前】 BUZZAP!(バザップ!)

【印度通信 Vo.2】悠久の街、ヴァラナシに到着 BUZZAP!(バザップ!)

【印度通信Vol.1】悪名高かったデリー国際空港に到着 BUZZAP!(バザップ!)

【印度通信 Vol.0】インドにクンブメーラの取材に行ってきます BUZZAP!(バザップ!)

バラモンたちの残飯の上をごろごろ転げ回る中央インドの奇習が禁止→不可触民の大反発で撤回へ BUZZAP!(バザップ!)

死傷者続出、こぶし大の石を互いにぶつけ合う凶悪過ぎるインドの奇祭 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加