【印度通信 Vol.2】悠久の街、ヴァラナシに到着

このエントリーをはてなブックマークに追加




インドの最もインドらしいと言われる街、ヴァラナシに到着しました。

先日も少し紹介しましたが、「歴史よりも伝説よりも神話よりも古い街」という言葉がなによりよくヴァラナシを表しています。

釈迦がブッダガヤで悟りを開いた後に始めて弟子たちに教えを説いたというサールナートも実はこのヴァラナシのほんの郊外。ガンジス河からせいぜい20kmも離れていません。当時からここが聖地であり、宗教的なセンターだったことをよく表すエピソードです。

ヴァラナシのガンジス河の前に立ってまず驚くのは河沿いの遺跡としか思えないような古い石造りの街並み。そして色とりどりの美しい服を身にまとった巡礼者たちです。




そして茶色く濁ったガンジス河で老若男女問わず沐浴をしており、多くのボートが往来しています。まさに想像していたとおりのガンジス河の光景が、想像以上のスケールで360度に渡って繰り広げられています。



ヴァラナシのガンジス河の河畔はガートと呼ばれる沐浴場が延々と続いていて、どこまでも歩いて散歩できます。ガートの形はひとつずつ異なっていて、かなりカオス。気分はタンジョンです。




チャイ屋やボート屋が点在しています。声をかけてくることも多いですが大してしつこくはありません。


少年や若者たちが広場でクリケットに興じています。牛や水牛とすれ違うこともしばしば。



その牛たちの牛糞を形を整えて乾かし燃料にします。手形のようなものが付いていますが、もちろん手形です。


沐浴と言いつつ全力で身体を洗っている人もあちこちに。


晴れた日にはガンジス河で洗濯された鮮やかなサリーがガートに干されています。


さて、今夜からクンブメーラに行ってきます。どんなことになっているか、レポートをぜひお楽しみに。

ぢるぢる旅行記 (総集編)
ねこぢる
青林堂


・関連記事
【印度通信Vol.1】悪名高かったデリー国際空港に到着 BUZZAP!(バザップ!)

【印度通信 Vol.0】インドにクンブメーラの取材に行ってきます BUZZAP!(バザップ!)

総重量10kg、黄金を全身に装備したインドのゴールドマン BUZZAP!(バザップ!)

バラモンたちの残飯の上をごろごろ転げ回る中央インドの奇習が禁止→不可触民の大反発で撤回へ BUZZAP!(バザップ!)

険しい岩山をたったひとり、人力だけで削って道を作ったインド人 BUZZAP!(バザップ!)

インドのストリートチルドレンたちが自分達の将来のためにリアル子供銀行を設立 BUZZAP!(バザップ!)

死傷者続出、こぶし大の石を互いにぶつけ合う凶悪過ぎるインドの奇祭 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加