月明かりでも昼間のように鮮明に撮影できる超高感度センサーをキヤノンが開発

このエントリーをはてなブックマークに追加



暗いところでもキレイに撮影できる「裏面照射型CMOS」と呼ばれるセンサーを搭載したカメラが普及し始めている昨今ですが、月明かりのような暗さの中でも昼間のように鮮明に撮影できる超高感度センサーが開発されました。



キヤノン : ニュースリリース

キヤノンのプレスリリースによると、同社はキヤノンは月明かりでも昼間のような鮮やかな動画が撮れるCMOSセンサーを開発したそうです。

新開発のセンサーは35mmサイズのCMOSセンサーで、画素の大きさは一辺19マイクロメートルと、キヤノンのデジタル一眼レフ最上位機種「EOS -1D X」と比較して7.5倍以上の面積を実現。また、画素部および読み出し回路には、画素が大型化すると増える傾向のあるノイズを低減するための新技術を搭載しています。


そしてこれらの技術によって、肉眼では認識が困難な三日月の明かり程度(0.03lux程度)の低照度な環境でも鮮明な動画撮影が可能になり、肉眼での認識レベルに近い電子増倍型CCDで撮影できるのが6等星程度であるのに対し、今回開発したCMOSセンサーでは8.5等星以上の暗い星の撮影が可能とのこと。

キヤノンは実際にCMOSセンサーを搭載したカメラの試作機を用い、線香の光以外には光源のない室内の様子(0.05~0.01lux程度)やふたご座流星群など、さまざまな場面での試験撮影に成功。


天の川が非常に鮮明に写っています。





線香の光の中でも人物の顔が判別可能に。




さらに感度を増幅させることで、満月の屋外がまるで昼間のように写ります。




また、同社は今後天体・自然観測や医療研究などでの活用や、監視・防犯機器などへの応用を検討するほか、より革新的なCMOSセンサーの開発を進めるとしています。



・関連記事
スマフォなどのカメラを高感度化する技術をパナソニックが開発、暗いところでも高画質に | BUZZAP!(バザップ!)

「Xperia Z」などの2013年春モデルのスマホを買ってはいけないこれだけの理由 | BUZZAP!(バザップ!)

新型iPhoneにも採用か、有機ELを超える画質の液晶を安価に製造できるフィルムが生産開始へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加