ソニーのPS4は8月にも量産開始、年内に1600万台出荷で一大攻勢展開へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソニーが年末商戦に向けて発売予定の次世代ゲーム機「PS4」の量産が8月にも開始されることが明らかになりました。

出荷台数は年内で1600万台にもおよぶとされており、どうやらソニーは一大攻勢をかけるようです。



Sony to push for 16 million PS4 shipments in 2013, say sources

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、ソニーのPS4はFoxconnおよびPegatronが製造を担当する予定で、8月に量産が開始される見込みであることを部品メーカー関係者が明かしたそうです。

発売時期は既報の通り年末商戦シーズンになるとされており、2013年内に1600万台が出荷されると予測されるとのこと。

前モデルとなるPS3が発売当初苦戦を強いられ、発売から7年かけて7700万台を販売していたことを考えると、「年内に1600万台出荷」という数字はなかなか強気であることが分かります。

また、PS4にAPU(CPUとGPUが一体型になったプロセッサ)を提供するAMDはソフトウェアメーカーなどに向けて開発キットを提供開始したと報じられており、以下のような写真が公開されています。



・関連記事
気になるPS4の互換性、実際のところをソニーに問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

「FINAL FANTASY XI(FF11)」がPS Vitaなどの携帯ゲーム機に移植か | BUZZAP!(バザップ!)

Wii UはPS4の4倍メモリを搭載?日本経済新聞の性能比較がとんでもないことに | BUZZAP!(バザップ!)

PS4を支える「DUALSHOCK 4」と「PlayStation 4 Eye」を高解像度画像で解説 | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーがPS4を正式発表、PS3との互換性やソーシャル機能、PS Vitaとの完全連携も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加