Wii UはPS4の4倍メモリを搭載?日本経済新聞の性能比較がとんでもないことに

このエントリーをはてなブックマークに追加



先日満を持して発表されたソニーのPS4ですが、やはり気になるのは1年先行する形で任天堂が発売した次世代ゲーム機「Wii U」との性能差。

その要望に応えるべく、日本経済新聞社が比較を行っていますが、なんだかよく分からないことになっています。



ソニー、ゲーム機復活へ正念場 「プレステ4」年末投入 「交流」でスマホ対抗 :日本経済新聞

日本経済新聞社の報道ではソニーのPS4発表を受けて、どのような機能を備えているのかという解説に加え、各種事業においてどのような位置付けとなるのか、また収益性についての分析が行われています。

記事中には任天堂のWii UとCPUやメモリ、対応メディア、交流機能、操作性、価格についての比較が行われていますが、メモリの部分にWii Uは「32GBと8GBのものがある」と記載されています。もちろんこれはRAMとデータ記録容量を勘違いしたもので、RAMの容量はWii Uが2GBなのに対してPS4が8GB。実に4倍の開きがあります。


なお、データ記録容量はWii Uが8GBないし32GBのフラッシュメモリを搭載しているのに対し、PS4は現時点で容量は発表されていないものの、HDDを搭載するとされていることから、少なくとも数百GBになると考えられます。


・関連記事
「iPad 3が第4世代LTEと呼ばれる高速通信のゲーム規格に準拠」報道を分かりやすく説明してみた | BUZZAP!(バザップ!)

気になるPS4の互換性、実際のところをソニーに問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

任天堂の岩田社長が退任に含み、背水の陣で「Wii U」「ニンテンドー3DS」拡販へ | BUZZAP!(バザップ!)

PS Vitaや3DSを超える携帯ゲーム機「Project SHIELD」は5~7月に発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

PS4を支える「DUALSHOCK 4」と「PlayStation 4 Eye」を高解像度画像で解説 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加