過去100年間の失われたアート作品をオンラインで鑑賞できる「The Gallery of Lost Art」

このエントリーをはてなブックマークに追加




戦乱、盗難など、さまざまな理由で私たちの前から失われたアート作品。過去100年のそうした作品をオンラインで見ることのできるギャラリーが登場しています。ミロやカンディンスキーを含めかなり見応えのあるボリュームです。

「Gallery of Lost Art」は過去100年の間に戦争、テロ、盗難、紛失などで失われたり、そもそも期間限定の展示の後取り壊されたりして現存していないアート作品を集めたオンラインの展覧会。

Gallery of Lost Art(英語)

ジョアン・ミロ、ワシリー・カンディンスキー、フリーダ・カーロ、フランシス・ベーコンといった巨匠を始めとした40人以上の20世紀のアーティストの作品画像、映像、インタビューなどを含むメディアによって構成されています。



こちらは2001年の911テロによって失われたAlexander Calderの作品「Bent Propeller」。


なお、「Gallery of Lost Art」キュレーションはTate、デザインはdigital studio ISOによるもので、2013年7月3日までの公開となっています。



・関連記事
ピカソの作品にインスパイアされたジョジョ風ファッション写真 BUZZAP!(バザップ!)

やっぱりすごい!世界的な絵画の巨匠14人が最初に描いた作品 BUZZAP!(バザップ!)

風営法問題を通して日本の音楽の未来について語るドキュメンタリー映画「SAVE THE CLUB NOON」がクラウドファンディングで制作、公開資金の募集へ BUZZAP!(バザップ!)

映画の銃を「いいね!」に変えた画像だけを載せ続けるBlog「Thumbs and Ammo」がすばらしい BUZZAP!(バザップ!)

ポケモンたちの進化の歴史をマトリョーシカ風にデザインしたTシャツがかわいい BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加