有機ELテレビ製造技術を盗んだ疑いでSamsungが家宅捜索を受ける

このエントリーをはてなブックマークに追加



ポスト液晶テレビの有力候補として期待されている「有機ELテレビ」の製造技術を盗んだ疑いで、サムスングループの系列会社が家宅捜索を受けました。



サムスンディスプレー家宅捜索、有機EL技術盗んだ疑い | 朝鮮日報

朝鮮日報が報じたところによると、サムスングループの系列会社でテレビやモニターなどのディスプレー素子を製造する「サムスンディスプレイ」の本社など3ヶ所で家宅捜索が行われたそうです。

これは同社が協力会社を経てLGディスプレイの有機ELテレビ製造技術を盗んだ疑いが持たれているもので、警察当局はサムスンディスプレイが長年にわたってLGディスプレイの関連技術を流出させた不正競争防止法違反の疑いで、押収した資料を基に技術流出の経緯などを調べているとのこと。

なお、両社は長年有機EL分野で争ってきましたが、サムスンディスプレイは「警察が他社の技術流出事件を捜査する中で、自社を家宅捜索したものと把握している。自社の有機EL関連技術は世界最高レベルで、他社の技術を盗む理由がない」とコメントするなど、強気の姿勢を崩していません。


・関連記事
「有機ELは色彩が酷くて暗い」、Appleのティム・クックCEOがGalaxyシリーズを暗に批判 | BUZZAP!(バザップ!)

新型iPhoneにも採用か、有機ELを超える画質の液晶を安価に製造できるフィルムが生産開始へ | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーが4K対応の56インチ有機ELテレビを開発、世界初・世界最大サイズに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加