AXGPとLTE、3Gが使える究極のモバイルルーター「Pocket WiFi 203Z」登場

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクモバイルがAXGPとLTE、3Gを使えるモバイルルーター「Pocket WiFi 203Z」を発表しました。



203Zの概要。下り最大42Mbpsを用いた1.5GHz帯の3G(ULTRA SPEED)、1.7GHz帯を使った下り最大75MbpsのLTE(EMOBILE LTE)、そして2.5GHz帯を使った下り最大110MbpsのAXGP(Softbank 4G)をサポート。


さらに5000mAhの超大容量バッテリー搭載で最大13時間の駆動を実現したほか、スマートフォンなどへの給電も可能となっています。

・関連記事
プラチナバンドの3GとLTE、AXGPに対応した究極端末「GL08D」が登場へ | BUZZAP!(バザップ!)

孫正義氏が「Google Glass」のようなメガネ型デバイスを特許申請済みであることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクの「つながりやすさNo.1」の正体が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが「シンプルスマホ 204SH」発売へ、らくらくスマートフォンとほぼ同じモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

本日からソフトバンク版iPhone 5が「ダブルLTE」対応に、イー・モバイル網利用でパケ詰まり解消へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加