火星探査機キュリオシティの9ヶ月の活動を60秒に縮めたタイムラプスムービー

このエントリーをはてなブックマークに追加



2012年8月6日に火星に降り立ち、火星の表面や地質の調査を行なってきた探査機キュリオシティ。その9ヶ月に渡る活動を60秒まで縮めた動画が制作され、話題になっています。

このタイムラプスムービーを制作したのはミシガン州に住むKarl Sanfordさん。キュリオシティのウェブサイトから元画像をダウンロードしてMPEGに変換してアップロード、1周間で40万ヒットを記録しています。

Mars Science Laboratory Time Lapse - Sol 0 - Sol 281 - YouTube


キュリオシティは活動開始以来、地表の探索に加えてドリルを使った岩石のサンプル採取を実施、過去の火星に微生物の存在に適した物質が存在していたことを明らかにして大きな注目を集めていました。

探査機画像でたどる 火星 基礎知識からキュリオシティまで
株式会社ブックブライト (2013-04-21)
売り上げランキング: 989



・関連記事
太陽の3年間の活動を3分に縮めたNASAの動画が息を呑む美しさ BUZZAP!(バザップ!)

太陽で地球20個分にも及ぶ巨大フレアが観測される BUZZAP!(バザップ!)

ハッブル宇宙望遠鏡が2012年に捉えた壮大な宇宙の画像 BUZZAP!(バザップ!)

宇宙ステーションから見た星々と地上の光の軌跡を描いたあまりに幻想的な映像「ISS Startrails  TRONized」 BUZZAP!(バザップ!)

乗り物酔いする人に朗報!NASAが宇宙飛行士の宇宙酔い対策の鼻スプレーを開発へ BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加