乗り物酔いする人に朗報!NASAが宇宙飛行士の宇宙酔い対策の鼻スプレーを開発へ

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by robin_24

楽しいお出かけを地獄絵図に変えてしまう車酔いや船酔い。大きな悩みの種ですが、NASAがその解決に大きな一歩を踏み出しました。

宇宙服を着たまま宇宙飛行士が宇宙酔いで吐いてしまったら?しかも逃げ場のない宇宙船や宇宙ステーションで。考えるだけで鼻の奥が酸っぱくなるほど笑えない話になってしまいます。こうした悲劇を避けるためにNASAは乗り物酔いに即効性のある鼻スプレーを宇宙飛行士用に開発を命じたとのこと。

NASAによればこれまで宇宙に送り出された宇宙飛行士の約半数が何らかの宇宙酔いを発症したとのことで、限りある時間と物資の中で宇宙開発や研究を行う中で宇宙酔いはなんとか解決したい問題です。

Photo by Luke Bryant

これを受けカリフォルニアの製薬会社、Epiomed Therapeuticsは制吐剤のスコポラミンを鼻の粘膜から吸収することで錠剤やパッチ、注射よりも早く乗り物酔いの気持ちの悪さやむかつき、吐き気を押さえられることを発見。

ただし、宇宙船や機械の操縦や研究時に眠気やめまいなどの副作用が起こさないようにするため現在も研究中。即効性と持続性のある宇宙酔い対策として開発が進められています。

実際にこの鼻スプレーが実用化されるのはFDAの認可を得た後となりますが、その際には海軍の船酔い対策の実験も行われる予定。

私達の身近なところまでやってくるのはいつになるでしょうか?車酔いは基本的にドライバー以外がかかるため、多少眠気やめまいがしたとしても救われる人は多そうです。

NASA Wants to Make a Nasal Spray That Cures Motion Sickness Geekosystem

Photos by robin_24, Luke Bryant


・関連記事
喉にシュッとすると一瞬でガツンと酩酊できて二日酔いにもならないアルコールスプレー BUZZAP!(バザップ!)

まるで「インセプション」、夢を自由自在にコントロールできるアイマスク「remee」が開発される BUZZAP!(バザップ!)

一日の風景の移り変わりが大空に浮かぶひとつの惑星のように見える画像 BUZZAP!(バザップ!)

2030年には相手なしの電脳セックスで快楽を得られる社会が訪れる? BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加