一日の風景の移り変わりが大空に浮かぶひとつの惑星のように見える画像

このエントリーをはてなブックマークに追加



星の王子さま」に出てくる小さな星を思わせる丸い大地。それを取り囲む昼の青空と夜の星空があまりにも幻想的な写真作品です。

この作品を作り上げたのはアテネ在住のクリス・コトシアポロス氏。30時間に渡ってギリシャのスーニオの風景の360度の写真を大量に撮影し、それをステレオ投影という技法を使って一枚の幻想的な作品に創り上げました。

(クリックで拡大)

日の出とともに東の空から開始し、南を向いて日の入りの時には西。夜になってからは北を向き、夜明けとともに東に戻っています。夜間は結露を防ぐためにドライヤーを使ってレンズを暖めながらの撮影になったとのことです。

コトシアポロス氏は今回使用したステレオ投影での作品も含め、多くの美しいギリシャの空の写真を撮影しています。気になった方は以下のサイトから閲覧可能です。

NIGHT PHOTOGRAPHY

また、コトシアポロス氏はアテネのオリンピックスタジアムでの雷の作品が話題になったことも。


・関連記事
1年間の空を同時に映し出す映像作品「A History of the Sky」 BUZZAP!(バザップ!)

金魚が自由に世界の海を泳ぎまわる水槽「World Trip」 BUZZAP!(バザップ!)

ニュージーランドの丘に現れた合成写真のような巨大な紙切れのオブジェ「Horizons」 BUZZAP!(バザップ!)

天地創造を思わせる画像編集の過程を描いたジェシー・ニューマンのスピリチュアルな映像作品「リバース・オブ・ガイア」 BUZZAP!(バザップ!)

太陽系の大きさを全てありのままの比率で表示した驚くほど長大なサイト「OMG SPACE」 BUZZAP!(バザップ!)

5億の星の輝く宇宙地図、NASAの14年がかりの大プロジェクト「スカイアトラス」が完成 BUZZAP!(バザップ!)

NASAが地球の超高解像度写真を公開、自分が無数の塵のひとつだと理解できる内容に BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加