太陽系の大きさを全てありのままの比率で表示した驚くほど長大なサイト「OMG SPACE」

このエントリーをはてなブックマークに追加




太陽系は広大ですが、いったいどれほど広大なのでしょうか?数字では分かっていてもなかなか実感できるスケールではありません。このサイト「OMG SPACE」では太陽系の星の大きさ、星間距離を比率通りに表しています。

OMG SPACE

このサイトを作成したのはカナダでのオンタリオデザイン美術大学でグラフィックデザインを学ぶ学生、マーゴット・トルーデルさん。学術的なデータで示される太陽系という巨大なシステムの規模を実感できるようにとのコンセプトで世界にも類を見ない程「長い」サイトを構築しました。

サイト上では実際の距離はサイトのピクセルサイズの関係から、実際の天体の大きさや距離の長さを647分の1に割り、さらに割った値の1kmを1ピクセルとして表示しています。例えば太陽の直径は139万1000kmなので、それを647で割った2149.92kmを2149ピクセルとして表すことになります。

太陽はこの大きさ。画面に収まりきりません。


150万km離れた私達の住む地球。太陽と比べると本当に小さいです。


最大の惑星、木星ですらこの大きさ。ここまで普通にスクロールするのでも気が遠くなるほど時間がかかります。


冥王星を遥かに超えた太陽圏の最果て。ここまで来てもまだ太陽の影響下。この先に何億光年と続く宇宙の広大さを考えると恐ろしくなってきます。


小さな事で悩んだらしばし宇宙のスケール感に身を任せてみてはいかがでしょうか?「宇宙から見たらどうでもいいし」と壮大にポジティブな気持ちになれるかもしれません。

・関連記事
5億の星の輝く宇宙地図、NASAの14年がかりの大プロジェクト「スカイアトラス」が完成 BUZZAP!(バザップ!)

NASAが地球の超高解像度写真を公開、自分が無数の塵のひとつだと理解できる内容に BUZZAP!(バザップ!)

南アフリカ沖の海中の地球のものとは思えない直径150kmの巨大な渦 BUZZAP!(バザップ!)

超巨大な波動砲を発射しているかのような太陽表面のプロミネンス映像 BUZZAP!(バザップ!)

超高速で衝突し合う、美しくもあまりに壮大な銀河たち「ステファンの五重奏団」の死と再生 BUZZAP!(バザップ!)

太陽表面で地球をまるごと飲み込むほどの巨大竜巻が撮影される BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加