太陽表面で地球をまるごと飲み込むほどの巨大竜巻が撮影される

このエントリーをはてなブックマークに追加



現在太陽活動の周期は活発な時期となっており、先日も不死鳥のようなフレアが観測され、地球でも鮮やかなオーロラが出現していました。そして今回は炎の竜巻、しかも地球をまるごと包みこんでしまうほどの巨大さ。どんな炎の大魔術師でも裸足で逃げ出すレベルです。


Planet-Sized Tornado Whirls On Sun's Surface 2012 HD - YouTube


この竜巻を撮影したのはNASAの打ち上げた太陽観測衛星のSolar Dynamics Observatory (SDO)。2月7日から8日にかけての30時間程、太陽表面の暗く、温度の低いプラズマがうずを巻きながら立ち昇っていく様子です。

事実は小説よりも奇なりと言いますが、それにしても太陽さんはスケールが違いすぎます。

・関連記事
人類に起因する地球温暖化は起こっておらず、むしろ今後寒冷化するという予測が出される BUZZAP!(バザップ!)

再生可能エネルギーの展望を描いたドキュメンタリー「第4の革命」レビュー BUZZAP!(バザップ!)

NASAが地球の超高解像度写真を公開、自分が無数の塵のひとつだと理解できる内容に BUZZAP!(バザップ!)

シベリアでマンモスらしき大型動物が急流を渡る動画が撮影される BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加