NASAが地球の超高解像度写真を公開、自分が無数の塵のひとつだと理解できる内容に

このエントリーをはてなブックマークに追加



アメリカのNASA(航空宇宙局)が6400万画素(8000×8000)という超高解像度の地球の写真を公開しています。

高解像度で見る地球はあまりにも大きく、自分が小さな存在であることを嫌でも思い知らされるものとなっています。



‘Most Amazing High Definition Image of Earth’ << Flickr Blog


Flickrの公式ブログによると、NASAの最新の地球観測衛星「Suomi NPP」が2012年1月4日に撮影した地球の合成写真が公開されています。

これが地球の写真。クリックするとFlickrにあるオリジナルサイズを表示することができますが、ファイルサイズが16MBを超えているため、見るにあたっては注意が必要です。


・関連記事
地球で最も写真が撮られている場所が一目でわかる「Sightsmap」 | BUZZAP!(バザップ!)

再生可能エネルギーの展望を描いたドキュメンタリー「第4の革命」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加