90年前にパリで生まれたローラーブレードの原型「サイクルスケート」が3周半して斬新過ぎる

このエントリーをはてなブックマークに追加



ローラーブレードはかつてローラースケートと呼ばれていました。ですが、それよりもはるか昔の1923年、花の都パリにはその原型とも言える「サイクルスケート」が登場していました。遊んでいる映像を見るとこれ、21世紀的に見てもかなり面白そうです。


小さな車輪を足の内側に固定するスタイルです。もちろん動力はありませんがスチームパンク臭がぷんぷんします。



スキーのようにストックを使って滑っています。板があるわけではないので小回りも効きそう。


車輪が大きいのでクロスカントリースキーのようにオフロードでも楽しめたりします。これはローラーブレードには難しいです。


もちろんストック無しで楽しむことも可能。上級者になったらかなり多彩な技を駆使できそうです。


実際動いている動画はこちらから

Cycle-Skating - The New Sport of 1923 - YouTube


ただ滑るだけではなく、マシンを自作したりパーツに凝ったりと遊びどころがいろいろありそうです。

・関連記事
時速15kmですいすい走れる大人向け電動ローラーシューズ「spnKIX」の登場 BUZZAP!(バザップ!)

うつ伏せで時速110kmをたたき出すスーパーヒーロー「ローラーマン」現る BUZZAP!(バザップ!)

人間がイルカのごとく海面をジャンプできる水力ロケットブーツ「Flyboard」 BUZZAP!(バザップ!)

エンジンを背負った鳥人間「ジェットマン」がジェット機と一緒にアルプス上空を飛行 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加