AppleがiPadやiPod touchをまさかの大幅値上げ、円安直撃か

このエントリーをはてなブックマークに追加



Appleが自社製品の大幅値上げに踏み切りました。

背景には円安の影響があると思われますが、中には値上げ幅が1万円を超えるものもあり、驚かざるを得ない内容となっています。



Appleが公式ストアで行った各モデルの価格改定は以下の通り。より容量の大きなモデルほど値上げ幅は大きくなっていますが、特に第4世代iPadは大半が1万円前後値上がりするという事態に。また、iPod touchには新たにカメラ無しの16GBモデルが追加されていますが、カメラ付きの32GBモデルの価格改定前の値段と比較するとあまり買う気にはなれません。

・第4世代iPad(Wi-Fiモデル)
16GB:4万2800円→4万9800円
32GB:5万800円→5万9800円
64GB:5万8800円→6万9800円
128GB:6万6800円→7万9800円

・iPad mini(Wi-Fiモデル)
16GB:2万8800円→3万2800円
32GB:3万6800円→4万2800円
64GB:4万4800円→5万2800円

・第5世代iPod touch
16GB:2万2800円(新登場、カメラ無し)
32GB:2万4800円→2万9800円
64GB:3万3800円→3万9800円

なお、BUZZAP編集部で確認したところ、2013年5月31日11:35現在、「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」などには値動き無し。いくら円安傾向とはいえ、値上がり幅が大きすぎるのではないか……という声も聞こえてきそうです。


・関連記事
iPhone 5Sや廉価版iPhoneは6月末に出荷開始か、廉価版Galaxy S4と激戦も | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンク版iPhone 5向けLTE、75Mbpsエリアの実人口カバー率を問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

暗さに強い「HTC J One」「Xperia UL」「iPhone 5」のカメラ画質比較、ひたすら夜景を撮影してみた | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンク版iPhone 5向けLTE、75Mbps対応エリアの人口カバー率はわずか1% | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加