あの「ブレードランナー」を1分間に短縮してみるとこんなことに

このエントリーをはてなブックマークに追加



SF映画市場に輝く傑作にして、サイバーパンクの源流のひとつとも呼ばれるブレードランナー。この作品を1分間に縮めるとこんなことになってしまいます。

リドリー・スコット監督の撮影した永遠不滅の名作SF映画「ブレードランナー」。フィリップ・K・ディックの原作に基づく複雑で重厚な世界観の中で繰り広げられる壮絶な人間とレプリカントの戦い。

進んだテクノロジーと荒廃した薄暗い世界観のミックスはサイバーパンクと呼ばれるようになり、マトリックスや攻殻機動隊シリーズなどに多大な影響を与えていきます。

この映画を1A4STUDIOが1分間でディフォルメした動画作品がこちら。思い出のあのシーンはどこまで再現されているでしょうか?

Speedrun Bladerunner in 60 seconds (Ep #6) - YouTube


やはりルトガー・ハウアーの「お前ら人間には信じられぬものを俺は見てきた。オリオン座の近くで燃えた攻撃型宇宙船やタンホイザーゲートのオーロラ。そういう想い出もやがて消える。涙のように。雨のように。その時が来た」のセリフはじっくり噛み締めながら聞きたいですね。

こちらも貼っておきます(字幕なし)。
Blade Runner - TEARS IN RAIN [Hi-Res Video] - YouTube


【5000セット限定生産】ブレードランナー 製作30周年記念 コレクターズBOX [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2012-11-07)
売り上げランキング: 10,343


アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))
フィリップ・K・ディック
早川書房
売り上げランキング: 2,701


・関連記事
「市民ケーン」のオーソン・ウェルズ監督が19歳で制作したシュールな処女作「The Hearts of Age」 BUZZAP!(バザップ!)

ジェダイの衣装でタトゥーインのような砂漠を駆け巡るフリーランニングが完全にスターウォーズ BUZZAP!(バザップ!)

パルプ・フィクションからアバターまで、超有名映画のストーリーを究極ミニマルに表現したポスター BUZZAP!(バザップ!)

「ドラゴンボールZ」のナッパ&ベジータ戦をイギリスのファンが撮影した実写動画がヤバい! BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加