「市民ケーン」のオーソン・ウェルズ監督が19歳で制作したシュールな処女作「The Hearts of Age」

このエントリーをはてなブックマークに追加



世界名作ランキングのトップに輝く「第三の男」のオーソン・ウェルズ監督。彼が19歳の時に初めて監督したサイレント映画作品です。これが非常に前衛的でシュールな短編映画です。

史上最高の映画は何かという時に絶対外すことのできない名作中の名作「市民ケーン」。その監督であり、「第三の男」などの古典名作では俳優としても活躍したオーソン・ウェルズ。彼が若干19歳だった1934年に制作した処女作がサイレント映画の「The Hearts of Age」です。

内容に関してはぜひご覧あれ。シュールさとグロテスクさと意味不明さが入り交じっています。

カ% The Hearts of Age - YouTube


これが後の巨大な才能の最初に見せた片鱗なのでしょうか。不思議と引き込まれてしまいます。

アメリカの巨匠 オーソン・ウェルズ DVD-BOX
IVC,Ltd.(VC)(D) (2011-01-28)
売り上げランキング: 92,287


・関連記事
まさに現代版「風立ちぬ」、自作メーヴェが試験ジャンプ飛行テストに成功 BUZZAP!(バザップ!)

映画の銃を「いいね!」に変えた画像だけを載せ続けるBlog「Thumbs and Ammo」がすばらしい BUZZAP!(バザップ!)

パルプ・フィクションからアバターまで、超有名映画のストーリーを究極ミニマルに表現したポスター BUZZAP!(バザップ!)

あの「ブレードランナー」を1分間に短縮してみるとこんなことに BUZZAP!(バザップ!)

ハリウッド映画のモンスターが昔とどう変わったか、ひと目で分かる秀逸な画像 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加