2.5GHz帯の追加割り当てがUQに内定、「UQ WiMAX 2+」展開へ



2.5GHz帯の追加割り当てがUQコミュニケーションズに内定しました。



2.5GHz帯の追加割当、UQに認可 - ケータイ Watch

ケータイWatchの報道によると、総務省がKDDI傘下のUQコミュニケーションズに追加で周波数を割り当てることを決定したそうです。

割り当て幅は20MHzで、新規格「WiMAX Release2.1」を採用した新サービス「UQ WiMAX 2+」が導入される予定。通信速度が150Mbpsを超えるほか、すでに割り当てられている30MHz幅と合わせれば、毎秒300Mbps以上の高速データ通信も視野に入ります。


2.5GHz帯の割り当てをめぐってはUQコミュニケーションズ(UQ)が20MHz、「AXGP」を展開するワイヤレスシティプランニング(WCP)が10MHzを申請。


しかしながら「UQコミュニケーションズに内定」という事前報道を受け、ソフトバンクの孫社長が開いた会見で「割り当ては天下りによるもの」と不満を爆発させるなど紛糾していました。

申請が競合した場合の審査基準。おそらくUQコミュニケーションズが抱える契約数やMVNOへの回線提供状況などが影響したと思われます。



・関連記事
「UQ WiMAX」からAXGPと同じTD-LTE互換の「UQ WiMAX 2+」へと至る流れを振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

UQ WiMAXが「転送量無制限」を続けることを明らかに、地下鉄向け基地局の見学も | BUZZAP!(バザップ!)

これでコミケも一安心、UQ WiMAXの「仮設基地局」は手作り感満載 | BUZZAP!(バザップ!)

UQ WiMAXが全国エリアカバー完了、基地局整備の大幅前倒しや黒字化、「WiMAX 2+」への展望も | BUZZAP!(バザップ!)

携帯電話やWiMAXの地下鉄向け基地局設備を撮影してみた | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 人気格安タブレット「Alldocube iPlay 40H」2万円に値下げ再び、ハイエンドスマホ並の8GBメモリ搭載でゲームや動画、ナビにも使える性能十分のSIMフリーモデル
  2. Anker「ポケモンデザインUSB急速充電器」値下げ、小さくて可愛いのに超高性能なピカチュウなど3種類の特別モデル
  3. 新型格安タブレット「Xiaomi Pad 6」詳細明らかに、高精細な120Hzディスプレイ搭載で指紋認証や急速充電対応など充実の1台に
  4. 「Nothing Phone (2)」はSnapdragon 8 Gen 2+搭載のフラッグシップスマホか、12GBメモリや5000mAhバッテリーなど詳細判明
  5. Xiaomi格安スマホ「Redmi Note 11s」ほぼ過去最安に、大画面有機ELや1億画素カメラ、ステレオスピーカーに液冷機構など機能充実の1台

モバイルに関連した楽天商品ランキング