2.5GHz帯の追加割り当てがUQに内定、「UQ WiMAX 2+」展開へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



2.5GHz帯の追加割り当てがUQコミュニケーションズに内定しました。



2.5GHz帯の追加割当、UQに認可 - ケータイ Watch

ケータイWatchの報道によると、総務省がKDDI傘下のUQコミュニケーションズに追加で周波数を割り当てることを決定したそうです。

割り当て幅は20MHzで、新規格「WiMAX Release2.1」を採用した新サービス「UQ WiMAX 2+」が導入される予定。通信速度が150Mbpsを超えるほか、すでに割り当てられている30MHz幅と合わせれば、毎秒300Mbps以上の高速データ通信も視野に入ります。


2.5GHz帯の割り当てをめぐってはUQコミュニケーションズ(UQ)が20MHz、「AXGP」を展開するワイヤレスシティプランニング(WCP)が10MHzを申請。


しかしながら「UQコミュニケーションズに内定」という事前報道を受け、ソフトバンクの孫社長が開いた会見で「割り当ては天下りによるもの」と不満を爆発させるなど紛糾していました。

申請が競合した場合の審査基準。おそらくUQコミュニケーションズが抱える契約数やMVNOへの回線提供状況などが影響したと思われます。


このエントリーをはてなブックマークに追加