ソフトバンクが「トリプルLTE」展開へ、プラチナバンドやAXGP(TD-LTE)活用か



ソフトバンクモバイルが「トリプルLTE」を展開する意向であることが明らかになりました。



商標出願・登録情報検索(詳細画面)


特許庁の商標出願・登録情報データベースによると、ソフトバンクモバイルが2013年6月3日に「トリプルLTE(トリプルエルテイイイ)」という商標を出願しています。

「商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務」は以下で、主に携帯電話にまつわる商標ということに。

移動体電話又は携帯情報端末を用いた通信・その他の電気通信(放送を除く。),チャット形式による電子掲示板通信及びこれに関する情報の提供,放送,報道をする者に対するニュースの供給,電話機・ファクシミリその他の通信機器の貸与,放送番組の番組表に関する情報の提供


すでに同社は2.1GHz帯とイー・モバイルの1.7GHzのLTEをiPhone 5で利用できる「ダブルLTE」を展開していますが、やはり気になるのは「何を追加するのか」という部分。

ソフトバンクモバイルの宮川CTOは2014年以降にプラチナバンド(900MHz帯)を用いたLTEサービスを展開する意向を6月に表明しているため、順当にいけばこちらが「トリプルLTE」となりそうな気がしますが、これではすでに800MHz、1.5GHz、2.1GHzの各帯域でLTEを展開しているNTTドコモやKDDIと単に肩を並べるだけで、今更感がぬぐえません。

Twitter / miyakawa11: プラチナバンド(900MHz)での4G(LTE)提供が無いの ...


しかし、同じ6月にはソフトバンクモバイルの特別顧問 松本徹三氏が今年秋に発売されるiPhone 5SがTD-LTE(AXGP)対応となる可能性を示唆。「ダブルLTE」はiPhone向けサービスの呼称であるため、「トリプルLTE」が現行のLTE(FDD-LTE)2つとTD-LTEを組み合わせたものとなるということも十分に考えられそうです。

コラージュフルフルネクスト シャンプー すっきりサラサラタイプ 400ml
持田ヘルスケア (2009-10-09)
売り上げランキング: 444

・関連記事
TD-LTE対応のiPhone 5Sは「WiMAX 2+」でも利用可能か、エリア整備に追い風も | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5のLTEが本当の意味でつながりやすくなることは今後もありません | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhone 5S」はLTEとTD-LTE(AXGP)両対応か、ソフトバンクが意味深なコメント | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhone 5C」とされる廉価版iPhone、決して「安物」ではないことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング