TD-LTEと共存できる新規格「WiMAX 2.2(WiMAX Advanced)」策定へ



2.5GHz帯を追加で割り当てられたことを受け、UQコミュニケーションズがTD-LTEと互換性を持つとされる下り最大110Mbpsの新サービス「WiMAX 2+」を10月末に提供することを告知しましたが、既存のWiMAXと共存できる新規格「WiMAX 2.2(WiMAX Advanced)」が策定されることになりました。



WiMAX Forum June 2013 Highlights

WiMAXサービスの業界団体「WiMAXフォーラム」の公式ページによると、HuaweiやKDDI、Samsung、UQコミュニケーションズ、YTLなどが共同で「WiMAX 2.2(WiMAX Advanced)」の仕様開発を開始したそうです。

「WiMAX 2.2(WiMAX Advanced)」は割り当てられた周波数帯が限られた事業者が既存のWiMAXサービスを維持しつつ、TD-LTEやWi-Fiといった異なる無線アクセス技術を導入できるようになるというもの。

これにより今まで投資してきたWiMAXのネットワークインフラを生かしつつ、新たな技術方式を採用したネットワークの構築が可能となるため、通信事業者にもユーザーにとってもメリットが生まれます。

なお、UQコミュニケーションズのロードマップでは、当面は同社が保有する50MHz帯のうち30MHzを既存のWiMAX、20MHzを「WiMAX 2+」へと割り当て、いずれ「WiMAX 2+」の割り当て幅を40MHzへと増やす予定。「WiMAX 2.2」によって、既存のWiMAXユーザーを無理矢理移行させることなく、スムーズなサービス展開が期待されます。



・関連記事
UQ WiMAXが「転送量無制限」を続けることを明らかに、地下鉄向け基地局の見学も | BUZZAP!(バザップ!)

「WiMAX 2+スマートフォン」をKDDIが投入へ | BUZZAP!(バザップ!)

TD-LTE対応のiPhone 5Sは「WiMAX 2+」でも利用可能か、エリア整備に追い風も | BUZZAP!(バザップ!)

下り最大110Mbpsの「WiMAX 2+」が10月末にサービス開始、1Gbps超への増速も | BUZZAP!(バザップ!)

UQへの2.5GHz帯追加割り当ては本当に不公平なのか、携帯各社の電波保有状況まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

UQ WiMAXがコミケ対策強化、手作り感満載の「仮設基地局」も再び参戦 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. 「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に

モバイルに関連した楽天商品ランキング