iPhone 5が「日本で最も売れたスマートフォン」に、歴代最速の販売ペース



iPhone 5が「日本で最も売れたスマートフォン」の地位に輝いたことが明らかになりました。



日本で最も売れたスマートフォンは「iPhone 5」 歴代最速の販売ペース

全国の量販店のPOSデータを集信する実売データベース「BCNランキング」が報じたところによると、6月2日にAppleの「iPhone 5」が「iPhone 4S」の累計販売台数を抜き、「日本で一番売れたスマートフォン」の称号を継承したそうです。

これは2012年9月21日の発売から8ヶ月強で達成されたもので、「iPhone 4S」を超える歴代最速の販売ペースに。


累計販売台数比較。KDDIが初めて販売に踏み切った「iPhone 4S」はiPhone 4の1.36倍、「iPhone 5」は1.59倍を売り上げており、いかにiPhone人気が高いのかが分かります。


2010年6月~2013年7月の携帯電話累計販売台数トップ10でもiPhoneがトップ3を独占。一方で「ドコモのツートップ」へとつながった「Xperia acro」「Galaxy S」シリーズがランクインしたほか、基本使用料無料でばら撒かれた感の強い「みまもりケータイ2」も9位に。まさに「ソフトバンクの主力商品はiPhoneとみまもり」という図式です。


他のスマートフォンよりも安価で、パケット料金も特別に割り引かれるなど、実質「ワントップ」状態で販売されているiPhone 5。販売ペースの増加はフィーチャーフォンからスマートフォンへの移行がそれだけ進んでいることの裏付けともなりそうですが、今後も快進撃を続けることになるのでしょうか。

・関連記事
未発表の廉価版「iPhone 5C」本体写真、山ほど公開される | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5のLTEが本当の意味でつながりやすくなることは今後もありません | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが格安の「整備済iPhone」を販売開始 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5の苦戦が顕著、LTE/4Gエリア化率や通信速度でNTTドコモがトップに | BUZZAP!(バザップ!)

TD-LTE対応のiPhone 5Sは「WiMAX 2+」でも利用可能か、エリア整備に追い風も | BUZZAP!(バザップ!)

「Xperia A」が大ヒットで追加発注、ドコモ版iPhoneの「共存は無理」 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 【速報】Xiaomi「POCO F3」神値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング