Samsungが「Tizen」開発をペースダウン、AndroidやiPhoneへの対抗が困難に

このエントリーをはてなブックマークに追加



IntelやSamsungが中心となって開発している新OS「Tizen」が死に体であることが以前報じられていましたが、またしても気になる情報が流れています。詳細は以下から。



Samsung reportedly delays Tizen development

この記事によると、LG電子やHTC、ソニー、Huaweiといった他社に差を付けるために手がけていた新OS「Tizen」の開発を、陣営の中心的存在であるSamsungがペースダウンさせたことを業界関係者が明かしています。

これはSamsungがスマートフォンやタブレット、デジタルカメラ、ノートパソコンにAndroidを積極的に組み込むなど、世界のスマートフォン市場シェアの80%を占めるAndroid陣営をリードする存在となったことを受けたもの。

Samsungの携帯電話事業のトップ、JK Shin氏はTizen開発のペースダウンを否定していますが、もはや同社がTizenを積極的に推進する理由が無くなっており、Googleが戦略を抜本的に見直さない限り、Androidから主軸を移す可能性は薄いと業界関係者はコメントしています。

2013年時点でのAndroidプラットフォームの断片化状況。昨年発売の「Galaxy S III」、一昨年発売の「Galaxy S II」がツートップに。ほかにも「Galaxy S4」「Galaxy Note II」「Galaxy Y」などがランクインし、Samsungが高いシェアを占めています。


Samsungが本腰を入れないのであれば、あくまでAndroidに大きな変化が訪れた場合の『保険』のような立ち位置になり、先行するプラットフォームに対する本格的な対抗馬とはなり得ないとみられるTizen。

同OSを採用したスマートフォンについてはNTTドコモから年内に発売されることが決定していますが、Samsungの胸先三寸でユーザーだけでなく、NTTドコモ自身も翻弄されることになりそうです。

・関連記事
ツートップ戦略でメーカーを切り捨てたNTTドコモは「悪者」なのか | BUZZAP!(バザップ!)

Tizenは本当に死に体なのか、NTTドコモに問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモの希望「Tizen」開発停止か、中核のSamsungがAndroidベースの新プロジェクトに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 実質0円+ポイント還元のスマホ多数、楽天モバイルが200万回線突破記念で最大27000ポイント還元→Rakuten Hand購入者たちが悲惨なことに
  2. Anker初のAirPods Pro対抗イヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」速攻レビュー、高音質でノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスモデルがお手ごろ価格に
  3. えげつなく安い1万円台の高性能SIMフリータブレット「Teclast M40」「Teclast P20HD」またしても値下がり、ゲームやビデオ会議、ナビなどマルチに活躍
  4. Anker初の格安ノイキャン完全ワイヤレス「Soundcore Life A2 NC」速攻レビュー、十分使えてバランスのいい初心者にオススメの1台
  5. auが格安タブレット「TCL TAB 10s」発売、固定回線不要の小型LTEルーター「無線LAN STICK」も

モバイルに関連した楽天商品ランキング