Samsungが「Tizen」開発をペースダウン、AndroidやiPhoneへの対抗が困難に

このエントリーをはてなブックマークに追加



IntelやSamsungが中心となって開発している新OS「Tizen」が死に体であることが以前報じられていましたが、またしても気になる情報が流れています。詳細は以下から。



Samsung reportedly delays Tizen development

この記事によると、LG電子やHTC、ソニー、Huaweiといった他社に差を付けるために手がけていた新OS「Tizen」の開発を、陣営の中心的存在であるSamsungがペースダウンさせたことを業界関係者が明かしています。

これはSamsungがスマートフォンやタブレット、デジタルカメラ、ノートパソコンにAndroidを積極的に組み込むなど、世界のスマートフォン市場シェアの80%を占めるAndroid陣営をリードする存在となったことを受けたもの。

Samsungの携帯電話事業のトップ、JK Shin氏はTizen開発のペースダウンを否定していますが、もはや同社がTizenを積極的に推進する理由が無くなっており、Googleが戦略を抜本的に見直さない限り、Androidから主軸を移す可能性は薄いと業界関係者はコメントしています。

2013年時点でのAndroidプラットフォームの断片化状況。昨年発売の「Galaxy S III」、一昨年発売の「Galaxy S II」がツートップに。ほかにも「Galaxy S4」「Galaxy Note II」「Galaxy Y」などがランクインし、Samsungが高いシェアを占めています。


Samsungが本腰を入れないのであれば、あくまでAndroidに大きな変化が訪れた場合の『保険』のような立ち位置になり、先行するプラットフォームに対する本格的な対抗馬とはなり得ないとみられるTizen。

同OSを採用したスマートフォンについてはNTTドコモから年内に発売されることが決定していますが、Samsungの胸先三寸でユーザーだけでなく、NTTドコモ自身も翻弄されることになりそうです。

・関連記事
ツートップ戦略でメーカーを切り捨てたNTTドコモは「悪者」なのか | BUZZAP!(バザップ!)

Tizenは本当に死に体なのか、NTTドコモに問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモの希望「Tizen」開発停止か、中核のSamsungがAndroidベースの新プロジェクトに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加