ドコモの希望「Tizen」開発停止か、中核のSamsungがAndroidベースの新プロジェクトに



NTTドコモが注力することを表明していた第3のOS「Tizen」の開発が中止されたという衝撃的な内容が報じられました。



モバイル製品をレビューするIT系ニュースサイト「Mobile-review.com」の編集者でチーフアナリストを務めるEldar Murtazin氏が自身のTwitterにて明かしたところによると、Tizenはほぼ死に体の状態にあり、それが開発の遅延によるものではなく、すべてのプロジェクトがキャンセルされたことによると述べています。

Twitter / eldarmurtazin: Tizen is almost dead. It isn't ...


これはTizenの中核的存在であったSamsungが開発プロジェクトから抜け、Intelと共にAndroidベースの新プロジェクトを主導することを受けたもので、Samsung製のTizen端末が今後リリースされるかどうかについても疑問視されています。

Twitter / eldarmurtazin: @LSAwesome it will be another ...


ちなみにTizenについてはNTTドコモが自社のサービスをネイティブに組み込みやすいなどの理由で注力する構えを見せていましたが、今回のSamsung離脱が事実であれば、まさにハシゴを外された形になります。

なお、NTTドコモの加藤社長は本日付けで公開された各社のインタビューに対して、2013年秋モデルを投入しないことや、2~3割であればiPhoneの受け入れ余地があることを改めてコメントするなど、秋モデルの代わりにiPhoneを投入するのではないか……と考えられるような姿勢を見せています。

「ツートップ」が好評ではあるもののスマートフォン、フィーチャーフォンユーザーの流出は食い止め切れていないなど、他社に対抗するための「もう一手」が足りないNTTドコモ。

NTTドコモにとってTizenはもう一手になってくれるかもしれなかったOSなわけですが、もしそれを失った場合、同社はどのような手を打つのでしょうか。

・次の記事
Tizenは本当に死に体なのか、NTTドコモに問い合わせてみた | BUZZAP!


・関連記事
秋モデルの代わりにiPhone投入?ドコモの戦略変更の影には何があるのか | BUZZAP!(バザップ!)

悲願のiPhone超えを果たした「ドコモのツートップ」のお寒い実情、貢献してきたシャープも犠牲に | BUZZAP!(バザップ!)

見えてきたドコモ版iPhoneの実現、「ドコモのツートップ」戦略が意味するもの | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5のLTEが本当の意味でつながりやすくなることは今後もありません | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】auが「iPhone 12 mini(128GBモデル)1円」「回線契約なしで割引」で他社を圧倒、ドコモに落とし穴も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」うれしい値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」値下げで過去最安に、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 【速報】Xiaomi「POCO X3 GT」ほぼ3万円に値下げ、AnTuTu60万オーバーで立体音響や爆速充電、マルチキャリア対応の格安スマホが大容量モデルも割安に
  5. Pixel 6を充電できない問題、不具合でなく低品質な充電器やケーブルが原因だった

モバイルに関連した楽天商品ランキング