秋モデルの代わりにiPhone投入?ドコモの戦略変更の影には何があるのか



NTTドコモが2013年は秋モデルを投入しないことを明言しました。

また、同時にiPhone獲得交渉を続けていることも明かしており、まさか秋モデルの代わりにiPhoneが?と妄想せざるを得ない事態となっています。



キーパーソンインタビュー

大手携帯電話情報サイト「ケータイWatch」が行ったNTTドコモの加藤社長インタビューによると、「ドコモのツートップ」として発売された「Xperia A」は現時点で過去最高となる83万台を売り上げるなど、好調な売り上げを見せているそうです。

また、秋モデルは投入せず、次にリリースするのは冬モデルになると以下のようにコメントしています。

――昨年は秋発売モデルもありましたが、今年はどうなるのでしょうか。

 いえ、今年は秋には新機種はなく、次は冬モデルということになります。ワントップなのか、スリートップなのか、わかりませんが、ラインナップを絞って提供することになります。


ドコモ、iPhone販売か…アップルと交渉中 : ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

そして読売新聞社が加藤社長に対して行ったインタビューでは、iPhoneを販売するかどうかという質問に対し、「iPhoneが全販売台数の2~3割程度ならいいが、Appleが納得するかどうか分からない」と述べ、交渉が継続中であることを明らかに。

すでに語られている内容ではあるものの、iPhone獲得交渉を否定し、代わりにTizenに注力するという報道が一部で行われている中で、改めて交渉中であることを明かしたことになります。

秋モデルを投入しないということは、ツートップだけで「iPhone 5S」へと立ち向かうことになるわけですが、さすがにあまり現実的とは言いづらいのが現状。

むしろ秋モデルの代わりにiPhoneを投入し、冬モデルはiPhoneに引けを取らない選りすぐりの機種を「ツートップ」のように絞り込んで展開することでiPhoneとAndroid需要の両方をカバーする……というやり方のほうがしっくりくるわけですが、こればかりはフタを開けてみないと分かりません。

・14:09追記
なんとNTTドコモが注力することを表明していた第3のOS「Tizen」について、開発が中止されたというとんでもない情報が流れてきました。未確定ではありますが、事実であれば同社にとって大きな痛手となります。

ドコモの希望「Tizen」開発停止か、中核のSamsungがAndroidベースの新プロジェクトに



・関連記事
悲願のiPhone超えを果たした「ドコモのツートップ」のお寒い実情、貢献してきたシャープも犠牲に | BUZZAP!(バザップ!)

見えてきたドコモ版iPhoneの実現、「ドコモのツートップ」戦略が意味するもの | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 5のLTEが本当の意味でつながりやすくなることは今後もありません | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング