新たなパフォーマンスに進化しつつある世界エア・ギター選手権2013の優勝者

このエントリーをはてなブックマークに追加




かつて日本でも一世を風靡したエア・ギター。今も毎年世界大会が行われていますが、当時からさらに進化を遂げています。

そこにないギターをまるで本当にあるかのように演奏するパフォーマンス、エア・ギター。日本のお笑いコンビ、ダイノジの大地洋輔が世界大会2連覇を果たしたことで大きな話題となりました。

エア・ギターでは本物のギターを持っているかのようなパフォーマンスから本当にギターを持っていたらできないような演出まで様々。しかし今回の優勝者のアメリカ合衆国のEric "Mean Melin" Melin さんは、もうなにを弾いているのか分からないほど違うパフォーマンスになっています。

Eric Mean Melin Melin (US), Air Guitar World Champion 2013 - YouTube


これを本来のパフォーマンスからズレてしまったと見るのか、それとも更に発展していると見るのか人それぞれかもしれませんが、さらに面白いことになることを期待してしまいます。



・関連記事
これはすごい!ポリオで小児麻痺になったダンサーの松葉杖を使ったダンスがまさに神業 BUZZAP!(バザップ!)

人間の声の限界を突き進むヒューマンビートボックスが信じられないレベルに達している BUZZAP!(バザップ!)

813個のドラムを組み合わせたギネス認定、世界最大のドラムセット BUZZAP!(バザップ!)

【閲覧注意】タランティーノばりのバイオレンスアクションを一人称視点で繰り広げるロシアのパンクバンドのPV BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加